2006/6/30 金曜日

くもり

Filed under: — largo99 @ 9:30:06

060630zs

やっぱり、雑草は強い。


2006/6/29 木曜日

手入れ2

Filed under: 未分類 — largo99 @ 13:19:55

060629lg

植え込みのツツジがきれいに刈り込まれた。

ローズマリーと山椒が背を伸ばしている。

さすが食べられるものは扱いが違う。


2006/6/28 水曜日

ヒメジョン

Filed under: — largo99 @ 13:56:14

060628hj

前回「ハルジオン」を書く時も少し迷ったのだけど、この花は「ヒメジョン」のような気がする。

=======================
ハルジオン 春紫苑
Erigeron philadelphicus
キク科 / 多年草または二年草 / 花期4-6月
北アメリカ原産の帰化植物で、関東地方の都会や郊外で多く見かける短命の多年草。全体にヒメジョンに似ているが、茎は中空、<中略>。頭花は開花前は枝の上部がうなだれているような形になるのがヒメジオンとの違い。花期はヒメジョンより1ヶ月ほど先に咲きだす。非常に繁殖力が強く、いったん種子が落ちるとその年の冬には根生葉が地を覆ってしまう。
=======================
(花色別 『野の花・山の花』 講談社編)より


2006/6/27 火曜日

くもり

Filed under: 天気 — largo99 @ 8:44:15

060627hj


2006/6/26 月曜日

Filed under: 天気 — largo99 @ 9:43:19

060626hj


2006/6/25 日曜日

ハルジオン

Filed under: — largo99 @ 10:18:54

060625hj

手入れが入り、眺める花がなくなって、つまんなく思っていた。

そしたら、職人さんはエライじゃないか、ローズマリーの隣に太いハルジオンを1本残してくれている。

====================
ハルジオン(キク科)
北米原産の花で、観賞用に輸入したモノが逃げ出して広くはびこったものである。
春の野のどこにでもある花で大群落になっている。花は白であるが、つぼみの時は赤味を帯びていて、下を向いてぶらさがるのが特徴である。時折り写真のように美しいピンクのものに出会う。このような花を見ると観賞用に使われていたのがよくわかる。
花期:4-6月 生育地:野原、道ばた 分布:(帰化植物)
====================
「野草ハンドブック・1 春の花」冨成忠夫 著 山と渓谷社 より


2006/6/24 土曜日

イチョウ

Filed under: 生活 — largo99 @ 12:29:21

060624ic

とうとう、暑がり・汗かきが辛い季節がやってきた。

でも、オジサンは負けない。

駐車場の帰り道、遊歩道はこんもりした緑に包まれていた。

見上げると、大きなイチョウが何層にも木洩れ日を作っている。

この葉が黄色くなる頃が一年で一番好きだ。

それまでしばらく時間がある。

でも、オジサンは負けない。


2006/6/23 金曜日

手入れ

Filed under: 生活 — largo99 @ 12:41:48

060623lg

去年も、確か、今時分だったと思う。

歩道の植え込みに手入れが入った。

去年はアサガオを植えたばかりで「しまった!!」と早合点したら、
さすが職人、雑草とそうでない物を見事に区別して手を入れてくれた。

今年も同じだけど、つい最近まで観察していたノゲシは雑草だから、きれいに刈り取れれてしまった。


2006/6/21 水曜日

Filed under: — largo99 @ 9:55:11

060621lg

前にも見かけたこの花はなんという名だろう。

図鑑を2冊、バラバラとあたってみたけど載ってなかった。

大きな、特徴のある葉で、よく見るとそこかしこに同じのがある。


2006/6/20 火曜日

晴れ

Filed under: 天気 — largo99 @ 10:39:30

060620ng


次ページへ »

www.largo99.com
2-4-2 Shinjyuku, Shinjyuku-ku Tokyo Japan 160-0022 TEL:03-3352-3134 FAX:03-3352-3136