2008/7/31 木曜日

アゲハチョウ

Filed under: 昆虫 — admin @ 10:24:30

080731ag

山椒は見事に食べ尽くされ、アゲハチョウの幼虫もいなくなった。

どこにいっただろう。

手元の昆虫図鑑は子供用で、「アゲハチョウの飼い方」というページが後ろの方に載っていた。

もっとそれに早く気づけば、それを真似てガラスケースででも飼ってみても良かった。

さなぎにさせて、冬を越して、羽化するところを見ることができたらどんなに愉快なことだろう。

でも、7匹もいた幼虫も1匹も見つからない。

080728ag

写真は7/28(月)、3日前のものだ。

この時は、すでに山椒の葉がなくなっていて、丸坊主の枝の先で幼虫が呆然としていた。

木の陰に隠れるようにしていたのもあわせて3匹いたけれど、スズメバチに肉団子にされていなければ良いなと思う。

天気:曇り 気温:27.5℃ 最高:31℃ 最低:24℃


2008/7/30 水曜日

モンシロチョウ

Filed under: 昆虫 — admin @ 12:23:24

080730mc_2

ずいぶん前から不思議に思っていたのだけど、去年、一昨年はモンシロチョウを見かけなかった。

去年は妙にアゲハチョウと遭遇し、何かを暗示しているのではないかと思ったぐらいだし、その前の年はシジミチョウに終始した。

その間、あんなにポピュラーなモンシロチョウをなんで見かけないんだろうと何度も不思議に思ったのだ。

子どもの頃から、チョウと言えばモンシロチョウで、モンキチョウを見ると冷や麦に色つきの麺が入っているの見つけて得した気分になると同じ喜びを感じた。

ましてやアゲハチョウとなると、街で外国人を見かけたような感動があった。

今や外国人も当たり前で、アゲハチョウの幼虫だって自前で飼っているようなありさまだ。

昆虫図鑑で調べるとモンシロチョウはキャベツや大根に卵を産みつけるとあるから、東京からそんな畑がなくなったのかも知れぬ。

でも、それにしてもだ。今年になってモンシロチョウを見かけるようになったのは何故だろう。

天気:晴れ 気温:30℃ 最高:33℃ 最低:23.5℃


2008/7/29 火曜日

ミンミンゼミ

Filed under: 天気 — admin @ 11:10:45

080729mm

天気:曇り 気温:30.5℃ 最高:33℃ 最低:26℃


2008/7/28 月曜日

スイレン

Filed under: — admin @ 10:54:52

080728hs

絵画館の池に咲いている。

はじめ「ハス」かと思って調べたら、どうやら「スイレン」のようだ。

「スイレン」は「水蓮」と書くのかと思っていたが、それも間違いで「睡蓮」と書く。

同じように混同する人が多いようで、そんな記述が沢山ある。

天気:晴れ 気温:29:5℃ 最高:33℃ 最低:25℃


2008/7/27 日曜日

アサガオ

Filed under: — admin @ 10:56:48

桃色アサガオ
080727ma
いやー、すごいな桃色アサガオ。2本のツルがぐんぐん伸びて、葉の数も他の2倍以上ある。最初買ったとき「巨大輪咲朝顔 桃色」なんて名前だったから何となく風俗系のボインのネーちゃんをイメージしたが、こいつは当たりだったかも知れない。

白色ユウガオ
080727sy
桃色アサガオほどでないがこれもツルが2本になった。ぐんと葉が大きくなり元気そうな様子だ。葉のかたちは琉球アサガオに似ている。

暁の錦
080727an
ツルはまだ1本だが、その長さは他の2本に比べても見劣りしないぐらい伸びている。一時心配していたのが嘘のようだ。

琉球アサガオ
080727ra
他のとは扱いを別にしなければならないが、なんとなくペリウィンクルの繁殖に似ている。写真に写る丸い葉は全部それだ。ツルは3本あってぐんぐん伸びているが、やっぱり巻きつきやすいように棒を立てるか縄を張った方が良いのかも知れない。どうしたものか。

天気:曇り 気温:29℃ 最高:33.5℃ 最低:26.5℃


2008/7/26 土曜日

アゲハーズ

Filed under: 科学 — admin @ 10:22:40

080726ag1

ヤツらの食欲は大したもので、山椒の葉は8割がた食べられてしまった。

全部食べてしまったらどうするつもりだろう。

今、幼虫は7匹いて、中には自分が食べてしまった葉の軸にぶら下がって動けないでいるのもいる。

080726ag2

天気:晴れ 気温:31℃ 最高:34.5℃ 最低:26.5℃


2008/7/25 金曜日

最高最低温度計2

Filed under: 科学 — admin @ 11:06:55

多少でもそっち方面の知識がある人が昨日のここを見たら鼻で笑ったに違いない。

昨日の東京の最高温度は32℃なのだ。

夜のニュースでそれを聞いて、ほろ酔いが一気に冷めた。

「7月24日 東京の最高気温」で調べると「Yahoo 天気情報」でてきて、絞り込んで「新宿区」を見ると「32℃」記されている。

ご丁寧に「※ モノクロ表示の部分は、予報ではなく、その時間の実際の天気です。」と注釈があるから、これはどう考えてもこちらのデータが間違っているのだ。それにしても3℃も違えば、データとして役に立たないではないか。

すっかり眠気も冷めて、「アメダス」というこれまで知っているようで知らなかった言葉を引いていくと「温度計・湿度計/設置環境」のページにたどり着いた。

「1.最寄りの建物や樹木からその高さの3倍程度の距離を置いて設置する。」

そりゃ無理だよぉ。

勿論、こちらにはそれを実現できる素晴らしい環境が目の前に広がっているけれど、毎日200円払って御苑に入るのは現実的ではないし、御苑の中に温度計を設置できたとしてもすぐにおとがめを受けることは火を見るより明らかではないか。
ゲリラ的に焼うどんを焼く方がまだ実行可能な気がする。

そんなにして、床についたが気が高ぶって良く眠れなかった。

抜本的な対策が必要だと朝一で家を出て、絵画館での休憩も吸水だけにとどめてやってきた。
到着時間8時50分。

080725sso1

現在気温30℃弱。最低気温27℃ちょっと。

すぐにアメダスのデータと比較した。

080725amd
アメダス-東京-Yahoo天気情報より

お、お。悪くないぞ。悪くない。

とすると、考えられる要因は歩道からの照り返しだ。

こうなると事は早くて、すぐに感温部に日除けをつけた。こんなものはオチャノコで、1分とかからない。

080725sso2

今日の最高気温は33℃だと予測されている。

うー、楽しみだ。


2008/7/24 木曜日

最高最低温度計

Filed under: 科学 — admin @ 17:54:03

080724sso1

ずいぶん前から欲しいと思っていたものをようやく手に入れた。

「最高最低温度計」

U字に曲がった温度計の右側に最高温度が表示され、左側に最低温度が表示される。

そして現在の気温は水銀の表示を見れば分かる仕組みになっている。

気温そして過去1日の最高温度、最低温度が分かれば、そこから何か見えて来るものがあるに違いない。

そう目論んでいる。

さて、手に入れたは良いが、こいつをどこに設置するかで悩んだ。場所は店の入口の脇にと決めたが高さが問題だ。きっと標準とされる高さがあるに違いない。

「寒暖計 設置位置」と調べてもそれらしい記述はない。

「気象観測 方法」というキーワードでようやく目的のページが見つかった。

http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/kansoku_guide/tebiki.pdf

「気象庁では 1.5mを基準としている。」

なるほど。

しかしだ。22cmほどの本体のどこを1.5mにあわせたら良いのか。真ん中か? 一番下か?

あちこち探っていると「上部の感温部を・・・」と温度計の箱の裏に書いてあるではないか。

なるほど、なるほど。

上のプクッとふくれているところが感温部ね。そして1.5mね。

店の入口はたたき台になっていて、その高さが11cm。ということは150-11=139が設置場所。

ネジ止めの関係で、予定より気持ち下になったが何となくそれっぽく取り付けができた。

しくじって落としたらガラスの温度計は一巻の終わりだ。下穴も開けての大仕事になった。

でも、いいなぁ。いいぞぉ。

取り付けを終えたのが1時過ぎで、ぐんぐん気温は上がっていく。

ちなみに今日の最高温度は35℃。

080724sso2

2時頃のことだ。


2008/7/23 水曜日

アゲハチョウとカマキリ、そしてアリ

Filed under: 科学 — admin @ 10:19:46

080723aka


2008/7/22 火曜日

アゲハチョウ

Filed under: 科学 — admin @ 11:29:35

080722ag1

アゲハチョウの幼虫が脱皮した。
抜け殻が尻のあたりにあるからそんな前のことではないだろう。

080722ag2

脱皮するにも骨が折れると見えて、ひと仕事終えたようにじっとしていたが、いきなり向きを変えると脱皮したその皮をむしゃむしゃ食べ始めた。

080722ag3

その食べっぷりは、育ちの良い子がきちんとしつけを受けたようなきれいな食べ方で、食べた分だけ身体が大きくなっていくように見える。

080722ag4

で、食べ終わるとまた向きを変えて、さっきの状態でまた一休みしている。赤子がおっぱいを飲んだ後に満足してすやすや寝ているような感じだ。

080722ag5

よくよく観察してみると、幼虫は結構な数がいて、すでに脱皮を済ませたのが4匹。脱皮前のが2匹いる。
一番でかいのは5cmにもなり、速いスピードで動いては山椒の葉をむしゃむしゃ食べているから、脱皮はすでに昨日終えていたのかも知れない。

080722kk

そんなにして30分も眺めていたら、また違った虫が動いている。カマキリの子どもだ。
ヤツはローズマリーを足場にして小さな羽虫を食べている。体長も3cmほどだからアゲハの幼虫を狙うほど強うそうには思えない。


次ページへ »

www.largo99.com
2-4-2 Shinjyuku, Shinjyuku-ku Tokyo Japan 160-0022 TEL:03-3352-3134 FAX:03-3352-3136