2008/7/22 火曜日

アゲハチョウ

Filed under: 科学 — admin @ 11:29:35

080722ag1

アゲハチョウの幼虫が脱皮した。
抜け殻が尻のあたりにあるからそんな前のことではないだろう。

080722ag2

脱皮するにも骨が折れると見えて、ひと仕事終えたようにじっとしていたが、いきなり向きを変えると脱皮したその皮をむしゃむしゃ食べ始めた。

080722ag3

その食べっぷりは、育ちの良い子がきちんとしつけを受けたようなきれいな食べ方で、食べた分だけ身体が大きくなっていくように見える。

080722ag4

で、食べ終わるとまた向きを変えて、さっきの状態でまた一休みしている。赤子がおっぱいを飲んだ後に満足してすやすや寝ているような感じだ。

080722ag5

よくよく観察してみると、幼虫は結構な数がいて、すでに脱皮を済ませたのが4匹。脱皮前のが2匹いる。
一番でかいのは5cmにもなり、速いスピードで動いては山椒の葉をむしゃむしゃ食べているから、脱皮はすでに昨日終えていたのかも知れない。

080722kk

そんなにして30分も眺めていたら、また違った虫が動いている。カマキリの子どもだ。
ヤツはローズマリーを足場にして小さな羽虫を食べている。体長も3cmほどだからアゲハの幼虫を狙うほど強うそうには思えない。


www.largo99.com
2-4-2 Shinjyuku, Shinjyuku-ku Tokyo Japan 160-0022 TEL:03-3352-3134 FAX:03-3352-3136