2011/7/14 木曜日

逃走中

Filed under: 未分類 — admin @ 9:36:58

いやぁ~暑い日が続きますね。

ってコラ~ッ!!!前回の更新から約10ヶ月もたってんじゃねぇかぁ~!!!

と思ってる方も多少はいると思います。
毎度毎度のことながら皆さま大変ごぶさたしておりました。
たいして忙しいわけでもないいのに、そしてたいしたネタがないわけでもない(?)のにもかかわらず、ぜ~んぜん更新しないグ~タラな私を鼻で笑ってご勘弁してくださいまし。

おかげさまでうちの純ノ介もとっくに4才になり、やっと自分が男だということに気づいたのか最近では自分のことを「オレ」と呼ぶほどにまで成長しました。といってもまだまだカッコつけてるときにだけ言うだけで普段は「じゅんのすけはね~」ってな具合なんですけどね。

さてさて、そんなかわいい純ノ介を仕事が終わり保育園に迎えに行く途中のある日の夕方のお話です。
前回の「今月のチバ」更新後すぐぐらいのことになんですが、でかい国道の歩道をいつものようにママチャリで走ってたらその横を本当にビュン!ってぐらいに白いシャツをボタンもせずバタバタとなびかせてる若者(男)の乗ったママチャリに抜かされたんですよね。私もそこまでタラタラは走ってたわけじゃないのに同じようなママチャリにしつこいようだけど「ビュンッ!!」って抜かされるとけっして広いとは言えない歩道なだけに一瞬ビビるし、なんかムカついたんですよね。
でもそこは私ももう大人なわけで文句を言うわけでもなく、どんどん差がでて小さくなっていくそいつの背中を見て危ないなぁ~ぐらいにしか思ってなかった。

そしてそいつとの距離が100M?いやもうちょっと短いかな?ってなぐらいのときにたまたま横にあるリサイクルショップにふと目を向けてまた前に視線を戻すと歩道のど真ん中におばちゃんが倒れてるじゃないのよ!!
ど真ん中に倒れてるもんだから私も通りすぎるわけにもいかず「大丈夫ですか!!?」と聞くと「あの自転車にひかれた~~!!」と叫びながらさっき私をものすごい勢いで抜かしてった自転車を指指してる。そして、ふたことめに「あの犯人を追って~~!!!」と私に叫んで言ってきた。
一瞬、躊躇したんだけど頼まれちゃったんだから後先考えてるヒマもなく「おばちゃん、なんとか道の端っこに移動して待っててね!!」と言い残し、とにかくそいつの後ろ姿を見失わないようにして猛烈に鬼こぎして追いかけたわよ!
でも敵もかなり早い!!距離はいっこうに縮まらない!
そんなこんなしてるうちにヤツはデカイ道路をギリギリ青信号のチカチカで渡ってしまったではないの!!
がしか~し!!私はわかっていたのだ。そのでかい交差点の角には交番があるってこと。そしていつもその交差点にはハリきったおまわりさんが数人いるってこと。その人たちにその犯人を託せばいいのだ!!
ウッシッシ!バカめが!!

と思ったのもつかの間。悲しいかな、なぜかこの日に限っておまわりさんがひとりしかいない!
でもま、いないよりはましだ!!
私はそのおまわりさんの横で急ブレーキをかけ大声で言ったわよ!「おまわりさん!今あっち方面に走って行った白いシャツ着た男の自転車がおばちゃんひいて逃げちゃった!!早く追って~~~っ!!!!」

私のイメージではその瞬間に自転車に飛び乗ってその犯人を追って行ってくれるハズ・・・・ハズだった。
な、な、な、なのに・・・。
そのおまわりさんってばのんきに「そう言われても自転車ないんだよな。困ったな~」なんて言ってる。
マジかよ!こいつ!!(怒)とは思ったんだけど、そんなことに付き合ってる間に犯人は今も鬼こぎで逃走中。
でも交差点で離されちゃったからもう私の速度じゃ追いつけないし、だいいち倒れてたおばちゃんのことも気になる。
しょうがないから、ない頭を振り絞っておまわりさんに「このまま真っ直ぐ行ったらまた○○の交番もあるし無線で知らせてよ!!」

がしかし、それでも困った顔してるだけ。
おまわりさんに対してこんなことは言いたくないがマジで「こいつバカか??」と思ったわ。

でも今は文句言ってる場合じゃない!!「犯人追いかけてくれないならとにかく倒れてるおばちゃんのところに来て!!」と若干めんどくさいのか交番を留守にしてしまうのがイヤなのかわからないけどかなり乗り気ではなさそうなそのおまわりを現場まで連れてくことに。

私は自転車でおまわりさんは歩き。
「私は先に行きますからこのまま真っ直ぐ来てください」とちょっとは走れよ!と思いながらもおばちゃんのところに行った。
そしたら人が倒れてるんだから当たり前っちゃ当たり前だけど周りには4~5人の人だかり。
私が行くと倒れてる割には口だけは達者なおばちゃんが「この人が犯人を追ってくれたのよ!どうだった??」
たぶんすでに状況を取り巻きの人に話していたみたいでみんな一斉に私を期待の目で見てきた。
犯人を捕まえられなかった私は超~ちっちゃくなりつつ交差点の信号で離されてしまったことを報告。そしておまわりさんに言ったことも。
でその肝心なおまわりさんはというと、最初は歩いてたくせにその人だかりを見てさすがにヤバイと思ったのかいきなり走り出してやってきた。
そして今さら「犯人はどういう格好してた?男?女?」などと聞きながらなんやら無線でゴチャゴチャしゃべりはじめた。
さすがの私ももうはらわたが煮えくりかえって「ふざけるな!な~に今さら無線なんてしてんのよ!!!!!もう犯人なんてとっくにどっか言っちゃったわよ!!」って叫んじゃったわ。
しかもそのとき周りの人が119番電話して道の説明に困ってるのにそれを見てるだけで腕組んでどうしたものか・・ぐらいにしてるから思わず「あんたが救急車ぐらい手配しろ!!」とあんた呼ばわりまでしてしまった。

まわりにいた人もそのおまわりさんの使えなさには口あんぐりで、私が文句言ったあとには拍手までいただいちゃったりして。

そんなこんなしてる間に気づくと保育園に迎えに行く時間ギリギリになってしまった。

その後のおばちゃんのことは心配だったけど近所の人もいたし、使えないとはいえれっきとしたおまわりさんもいたことだし、私はその場から去ったのでありました。

おしまい・・・

と思ったらそうじゃない。
話はまだ続いていてその2週間後・・・

犯人は必ず現場に戻ってくる、ってわけではなく私が何気なくまたその現場を自転車で横切るとなんだかものものしい看板が立ってるじゃないのよ!

まさかとは思ったけどそこには「この場所で○月○日○時頃自転車によるひき逃げがありました。目撃した方は・・・」みたいなよくあるやつじゃないの!!

110713chiba1.jpg

・・・・・・・・。

この目撃した方・・・ってどう考えても私のことだよな。

ちょっと面倒くさいけどこれってやっぱり警察に行くのも目撃者の義務なのかな・・・と悩みながらも自転車を走らせていると例の交番の前を通りかかった。
ちょうど赤信号で目の前に止まったことだし、張り切ってそうな若いおまわりさんが2人ヒマそうにしてたし、いっちょおまわりさんに話してみることに。

「おまわりさ~ん。実はかくかくしかじか・・・・」と話し始めるとムッチャクチャその若者警官2人組が興奮して話しを聞いてくれるもんだから私もだんだん熱くなってきて身振り手振りですべてを報告。

で、でもやっぱりそういった報告は交番ではダメらしく強制ではないんだけどできれば警察署に行ってくれ・・・と。

め、めんどくさい。
しょうがないから「気が向いたら行きます」と連絡先だけ教えてその場を去って次の日の晩のこと。

いつものように居酒屋でガンガン飲んでいたところに見覚えのない電話番号から着信が・・・。
なんとなくイヤな気もしながら電話にでてみると「○○警察の者ですが・・・」と。

そのときすでに完全に酔っていたのでそのことを話した上で私も電話でまたもや状況を熱く語ったわ。

すっかり話し終わって満足したところでやっぱり警察署に来てくれ・・と。

も~、本当にめんどくさい!!

それでももう時間まで決められてしまったので後日保育園帰りの純ノ介とダンナに一緒に付き合ってもらってわざわざ雨の中カッパ着て行ったわよ!!

でもって事情聴取が始まりまたことこまかに説明させてもらったわ。

私的には現場は超デカイ交差点だったし時間も完璧にわかっているわけだから防犯カメラとかに犯人が絶対に写ってると思ってたのに、おまわりさんいわくカメラは車道中心に写してるからギリギリ歩道は写ってないとのこと。
しかも途中のコンビニのカメラもダミーばかりか、はたまた入り口に焦点を合わせてるから全滅とのこと。

結局、犯人を見つけられる可能性はほぼゼロに等しいわけだ。
ちなみに詳しくは教えてくれなかったけど、そのときのひかれたおばちゃんは腰を痛めて未だ入院中とのこと。(早く良くなりますように・・・)

でもって、1時間半ぐらい調書を取るのに時間かかったのにそのつかえなかった腹の立つおまわりさんのことは最後の最後に「同じ警察官としてそのことは情けなさすぎて報告書にはかけない。申し訳ない」だって。
さんざん熱くなって話した後になかったことに・・・ってちょっとムカついたけど、「チバさんの爪のあかを煎じて飲ませてやりたい」ぐらいにうまいこと言われちゃったからそれ以上は何も言えなかったわ。

そしてやっとのことですべてが終了。
聴取室みたいなとこの外で待っていた純ノ介とダンナもだいぶ嫌気がさしてきた頃で最後におまわりさんから「子供用のピーポくんハンカチ」をだしてくれた。
どうせならピーポくん人形とか欲しいと頼んだんだけど在庫切れとのこと。

はぁ~、こんなことならもう2度とひき逃げなんて目撃したくな~い・・・と思ったのもつかの間。

家からその警察署までの所要時間やどうやってきたかを聞かれ不思議に思いながら答えているとなんやら封筒を差し出してきた。

中身を見ると『5千円』。

聞いてみるとこういった場合は警察から謝礼金がでるんだそうだ。

いっきに気をよくした私はつい「ありがとうございます!!また来ま~す♪♪」などと言ってしまった。

言うまでもないが、この5千円はその日のうちにあっという間に酒場へと消えていきました・・・・とさ。

未だ犯人逃走中。

110713chiba2.jpg
うちの近所にこんなのできました(我が家から撮影)
この近辺に犯人逃走中

チバ

東日本大震災で被災された皆さま、心よりお見舞い申し上げます。
1日も早くおだやかな日々、そして心からの笑顔を取り戻せますように・・・
私も微力ながらできることを協力させて頂きます。

www.largo99.com
2-4-2 Shinjyuku, Shinjyuku-ku Tokyo Japan 160-0022 TEL:03-3352-3134 FAX:03-3352-3136