2004/12/14 火曜日

TRACKER DTS

Filed under: BACKCOUNTRY — largo99 @ 6:01:00

04trck07

ここのところ、何回か、ビーコンを取り上げてきたので、やはりデジタル・ビーコンの雄、「TRACKER DTS」を取り上げねば片手落ちだろうという気がして、紹介します。

昨日も書きましたが、「器械が苦手で、電波特性とか言われても、全く理解不能」という方がビーコンを買おうとお思いなら、とにかくコレにしてください。

埋没者の電波を拾うと、先端の5つのLEDが点滅し、液晶で距離が表示されます。

捜索者は、点滅するLEDが真ん中に来るよう身体を振って、液晶の数字が小さくなる方向にどんどん進みます。

数字が小さくなって、前に進んでも後ろに戻っても、左に行っても右に行っても数字が大きくなる所があれば、そこがピンポイントです。

この一連の動作が、非常に単純で分かり易く、また、ビーコンのレスポンスも早いので、一度使い方を練習したら、子供でも操作できます。

この点が「TRACKER DTS」の最大の売り。

今期は、これまで使いづらいと不評だった、送受信の切り替えスイッチが、大型になり、グローブをはめた手でも操作しやすくなりました。

また、ストラップで身体に装着する方法から、ホルスターに収納して、捜索の時はショックコードでクイッと延びる方式への変更は、2次雪崩を想定すると、必要不可欠。

そんなこんなで、’05モデルはかなり良くなりました。

ただ、弱点もあって、その最大のモノは電波の受信距離が他のビーコンと比べて極端に短いこと。

実質、25mとさえ言われます。

また、電池寿命も短いですが、すべての機器に弱点はありますので、使い手がその弱点を補うノウハウを習得することもこの手の道具を使いこなすときにはこれまた必要不可欠。

bca / TRACKER DTS
\40,950(本体\39,000)
機 能 : デュアルアンテナ
送受信周波数 : 457KHz
受信範囲:50 m (TRACKERが発信した電波を受信する場合)
使用気温:送信モード -10~+40℃     
サーチモード -20~+40℃     
(いずれも電池残量が66.7%の場合)   
寸 法 : 140 x 80 x 30mm
重 量: 298g(電池及びボディーベルト含む)
電池寿命 : 送信 / 約250時間 受信 / 約50時間
(1時間捜索の後に200時間発信)
電 池 : 単四アルカリ x 3本
カラー : Black x Yellow

PCからのご注文はこちら

2004/12/13 月曜日

SOS / F1-ND

Filed under: BACKCOUNTRY — largo99 @ 7:10:00

04sosf101

昨日に引き続き、今日も「SOS」(Survival On Snow)アイテムを。

「SOS / F1-ND」。

アナログビーコンです。

今さら、アナログビーコンをなんで勧めるって声も聞こえそうですが、その辺のとこ含めて、ちょっと説明します。

時代は、確かにデジタルです。

先日紹介した「PEIPS / DSP」,「TRACKER / DTS」,「OROTOVOX / X-1」が、その代表格。

埋没者への距離と方向をLEDや液晶で表示するというのが基本的機能です。

それに対して、アナログビーコンは、埋没者の電波を拾ったら、捜索用のビーコンを左、正面、右に振り、一番電波の強いところを特定、近づいて行って、レンジが一杯になったら感度を落とし、またビーコンを振り、電波の強いところを特定する。

その繰り返しを、捜索者がマニュアルで行う。

よって、デジタルとアナログの違いは、埋没者への方向や距離を特定するのをビーコンがやってくれるか、捜索者本人がやるかの違いです。

ですから、例えば、店頭に、かわいらしい女性がやってきて「明日から、○○のガイドさんに入るんですけど、ビーコン買ってこいって言われました」なんて場合には、迷わずデジタルビーコンをオススメします。

トレーニングしなくても、使い方が分かりやすいのはデジタルだからです。

が、しかし、トレーニングさえしっかりやれば、アナログだって迅速な捜索は可能です。

複数捜索だって、組み立てをしっかりやれば、デジタルに劣る訳ではありません。

で、アナログビーコンの中でもオススメなのが今日の「SOS / F1-ND」。

最大受信距離90mと今のところ、もっとも遠くから埋没者の電波を拾い、数年前に、LEDが3つから7つに変更されたので、微妙な電波の強弱が認識しやすい。

さらに、捜索モードで捜索しているときに、万一、2次雪崩が発生した場合、本体を握った親指をワンプッシュするだけで送信モードに切り替わるなどの機能を持っています。

マニュアルな操作を簡素化してあるので、慣れれば、非常に扱いやすいのが、オススメする理由です。

SOS / F1-ND
\38,505(本体\36,672)
機 能 : 7LED
送受信周波数 : 457KHz
捜索有効範囲 : 約90m
使用温度範囲 : -30~+50℃
寸 法 : 120 x 70 x 25mm
重 量: 230g(電池及びボディーベルト含む)
接続時間 : 送信 / 約300時間 受信 / 約40時間
電 池 : 単三アルカリ x 2本
カラー : Black

PCからのご注文はこちら

2004/12/12 日曜日

SOS / BASIC PROBE

Filed under: BACKCOUNTRY — largo99 @ 7:17:00

04sosbp

またちょといろいろあって、お休みしてしまった。

携帯からのご注文ページに関しては、引き続き調整中なので、しばらくお待ちを。

今日のアイテムは、マイナーなモノながら、店頭で実際手にとって他のメーカーと比べていただくと、「お、いいですね、コレ」と言っていただき、結構売れている「SOS / BASIC PROBE」。

対抗馬の一番は、「BlackDiamond / Guide Probe」で、その低廉な価格(\6500 税別)から、コストパーフォーマンスを重視する方は、まずこちらをお選びになる。

ところが、「どれが良いですかね?」と問われれば、ワタシは言葉を多くせず、店のメインの通路(?)を使って、実際に何種類かのプローブをお客様に延ばしてもらうことにしている。

その結果、なかなか評判が良いのが、今日ご紹介の「SOS / BASIC PROBE」。

理由を一言で言うと、全体のしっかり感といったところか。

直径12.9mmアルミニウムパイプは、少し肉厚なアルミ合金を採用し、他の7075アルミを使ったモノよりしっかりしている。

7075アルミは、よくテントポールに採用される軽量でしなりに優れた素材だが、こと、プローブに関して言えば、しならない方が良いというのが、専門家が指摘するところ。

雪に差し込んだとき、しなると、先端が垂直に入らずに、捜索が不正確になってしまうからだ。

また、ロック機構も他のどのメーカーよりも、しっかりしている。

形状が見た目にも理解しやすく、グローブをはめた手での操作も用意だ。

幸いにも、ワタシも訓練以外でプローブを使用したことがない。

ただ、雪崩グッズ全般に言えることだが、万一、実際に使用する状況に置かれたとしたら、それはかなりシビアなシチュエーションだろう。

その際、道具が確実にしっかり機能することは必須の条件で、しならずまっすぐ入っていく、ロックがしっかりしているということは、本来携帯する意味を考えると、価格や軽さより重視すべきポイントであるように思う。

もし、お近くでそれが可能な方は、店頭にいらしていただき、実際手にとって触ってみてください。

狭い店ですから、延ばした状態のプローブの展示はありませんが、あれこれいじっていただいて、納得のいく1本が見つかるようであれば、いくらでもお手伝いをいたします。

SOS / BASIC PROBE
SIZE : 280cm
WEIGHT : 370g
MATERIAL : Aluminum
PRICE : \11,505(本体\10,958)

PCからのご注文はこちら

2004/12/8 水曜日

PIEPS/ DSP

Filed under: BACKCOUNTRY — largo99 @ 6:24:00

04ppdsp1

エーと。 ズルじゃないんです。

また古ネタを出すのは。

少し期待するモノがあって、携帯からちゃんと注文が出来るように、今、根回しをしています。

で、携帯ページにカートがついてて、しかも、モノとしてもオススメできるのは何かと眺めたら、この「PIEPS/ DSP」が出てきた訳です。

オススメの理由はPC、携帯とも各ページにありますからここではしつこく書きません。

携帯ユーザーさん楽しみに待っててください。

PIEPS/ DSP

世界初の3本アンテナを搭載した、次世代デジタルビーコン。

複数遭難での捜索にも正確ですばやく対応できる視認性の高いシステムが採用されています。

価格:\51,450(本体\49,000)
サ イ ズ : 75 x 116 x 27 mm
重  量: 198 g
受信範囲:60 m
電  池:単4アルカリ電池 x 3本
周 波 数:457kHz
適応温度:-20℃~+45℃

PCからのご注文はこちら

www.largo99.com
2-4-2 Shinjyuku, Shinjyuku-ku Tokyo Japan 160-0022 TEL:03-3352-3134 FAX:03-3352-3136