2005/3/17 木曜日

THORLOS /SNOWBOARD SOCKS

Filed under: CLOTHING — largo99 @ 10:38:00

05thsc302_1

ズルじゃないんです。

ここに載せると、意外に反響があって、在庫切れするアイテムがポツポツあり、折角いらしたお客様をがっかりさせる。

このアイテムのその例で、何人かの方にご迷惑をかけてしまった。

(ありがたいことに、うちの店のお得意さまはおおらかな方が多く、わざわざ来たのに!!と逆上なさったりしないのにすくわれています)

こう雪が降ると、皆さん毎週末滑りにお出かけのようで、寒い思いをしたりすると、ソックスなんかが気になったりするんでしょうね。

分かります。

で、こちらが、急遽、追加入荷したので、この連休滑りに行かれるのであれば、是非お試しいただきたいアイテムです。

非常にリピーターが多いことからも評判の良さがうかがい知れます。

厚手の「LEVEL 3」、薄手の「LEVEL 2」、どちらも入荷しました。

以下は前回のご案内の文面です。

————————————-

今日のアイテムは小物ながらなかなか優れた「THORLOS /SNOWBOARD SOCKS」。

今では、BURTONやその他のブランドでも、スノーボード用と称したソックスがリリースされていますが、何を隠そう、スノーボード専用のソックスを世界に先駆けて発売したのがこのメーカーなのであります。

ソックス専門メーカーだけあって、何となくスノーボード用としているわけでなく、それなりにデザインされているのであります。

写真のグレーの部分、黒の部分の倍の厚みがあって、つま先の冷え対策、かかとのホールド感、バックサイドターンの時のふくらはぎにかかるプレッシャーの軽減に役立っています。

黒のところもアキレス腱のところは他より薄くなっていて、さらにフィット感を高める手の込みよう。

さすが専門メーカーって納得します。

この写真の「LEVEL 3」は全体に厚手で、寒がりの方や、ブーツに馴染みがでて厚手のソックスでフィッテイングを高めたい方へオススメしていたレギュラーアイテムですが、今シーズンより、基本コンセプトはそのままに厚みを薄くした「LEVEL 2」が新たにリリースされ、チョイスが広がりました。

価格は\3,000(税別)と少し高めなのですが、実際手にとってその質感を実感すると納得されるはず。

リピーターの多いアイテムです。 もう10年近くも、この季節になると店頭に並ぶラルゴの定番中の定番。

「THORLOS」は、「ソロ」と読みます。

Sサイズがレディース、Mサイズがメンズと考えてもらえば間違いありません。

つま先、カカト、アキレス腱部分を厚めにした保温性の高いヘビーウェイトソックス。

寒い日の快適なスノーボーディングに欠かせないアイテムです。

size : S(23-25cm), M(24-26.5cm)
color : Black/ Grey
fabric : Wool/ THORLON
price : \3,150(\3,000)

PCからのご注文はこちら

2005/3/10 木曜日

PLATYPUS / PLATY SPORT

Filed under: HYDRATION — largo99 @ 7:06:00

03pltps1

なんだか調子が出てきたぞ。

ガンガン行こう。

ハイドレーションシステムの第3弾。

昨日、一昨日と、ハイドレーションシステムを背中に背負い、伸びたチューブから水をチュウチュウ吸うアイテムを紹介したが、「それは大仰だろ」「恥ずかしい」なんて思う方もいらっしゃるだろう。

慣れれば重宝するのだが、スノーボードのヘルメットと同じく、少し抵抗があるのだ。

そんな向きにオススメするのが、今日ご紹介の「PLATYPUS / PLATY SPORT」。

安価、軽量、超便利と三拍子揃った優れもの。

「PLATYPUS」とはカモノハシの意味。そのくちばしに似た形状は、使用中も平たいので収納性に優れる。

さらに優れているのが、水を飲み終わってしまったら、たたんだで持ち帰れること。

これを使うとき、ワタシは、DANA DESIGN/DRY RIBで脇腹に納め、立ったまま、ザックを下ろさずに給水できるようにしている。

導入する前は500mlのペットボトルを入れていた。

ところが、飲み終わったペットボトルが、ポケット中でカラカラ音を立てているのは、なんともむなしい。

その点、「PLATYPUS / PLATY SPORT」は、出番が終わったら、控えめにポケットの中で待っている。

その様子が、気の利く女房のようで、ワタシは憧れてしまうのだ。

volume : 530ml
size : 13 x 24cm
price :\735(税込)

PCからのお買い物はこちら

2005/3/8 火曜日

CAMELBAK / Sno Bound

Filed under: PACK — largo99 @ 14:18:00

05cbsb01

今月に入ってチョビッとさぼり気味だし、昨日は「ズルをした」と言われればその通りだから、気を取り直して、いよいよ本格化するバックカントリーシーズンに重宝するアイテムのご紹介。

その第一弾。

ハイドレーションシステムの雄、CAMELBAK社がリリースする軽量・小容量のウィンターパック。

「CAMELBAK / Sno Bound」

ミニマムの装備を収納し、ハイドレーションシステムも備え、軽さと薄さを実現するパックです。 先日、石打丸山に滑りに行ったときもつくづく思いましたが、ワタシたちはスノーボーダーですから、可能なら空身でパウダーを滑るのが、そりゃ楽しいに決まってます。スキーヤーだって同じだろうと思う。

でも、バックカントリーと呼ばれるエリアでは、何が起きるか分からない。 その備えとして、装備を携帯する訳ですが、その最低限の時にワタシはこのパックで出かけます。

中に入れるのは、シャベル、プローブ、替えのゴーグルとグローブ、サングラス、救急用品、それと行動食ぐらいでしょうか。
(もっと少ないときだって、勿論、あります)

アルコール以外は日本茶を好むワタシなので、2月まではチタンの保温ボトルに、ホテルで入れてもらったお茶を携帯していましたが、登れば喉が渇くこれからの季節は、やはり水。

リザーバーは3リットルと大容量ですが、必要なければ水を入れなければ良いだけなので、山のコンディションと自分のコンディションに合わせます。

チューブがショルダーベルトの中を通って胸元に出ているので、滑り降りてくる仲間を待つ間に給水できるのは、何より便利。

昨年秋口にマイナーチェンジされ、ショルダーベルトのジッパーを開けるだけで吸い口が口元まで届くよう進化した。

その機能は、ワタシが使用する前モデルには付いてなくて、悔しい思いをしている。

VOLUME : 24.5L (+3L Reserver)
COLOR : Black
MATERIAL : WildWeaveCordula
price : \17,640(本体\16,800)

PCからのご注文はこちら

www.largo99.com
2-4-2 Shinjyuku, Shinjyuku-ku Tokyo Japan 160-0022 TEL:03-3352-3134 FAX:03-3352-3136