2014/7/23 水曜日

BHEESTIE/ BHEESTIE BAG

皆さん、酔っぱらいがしでかした失敗談がお好きだろうから、笑わせて差し上げよう。

写真は、6/26の日付があるからもう一ヶ月近くも前の事だ。

前の晩、良い感じに酔っぱらって、翌朝の娘の朝飯の下ごしらえでもしておこうと台所に立った。
久しぶりに「グリルチキン」でも作るか、下ごしらえが簡単な割りに評判は良い。

で、どこで変化球になるか分からないから、念のため、写真も撮っておいた。
楽勝、楽勝!

と、思ったその瞬間、水を張ったシンクの中にデジカメがポッチャン!!

電源は切ってあったし、すぐに取り上げたし、バッテリーを抜いて、メディアも抜いて、タオルで水分を拭いた。

下手にスイッチを入れないで、一晩乾かそう。

「なんであれを家に持って帰っておかなったんだろう・・・」

BHEESTIE ビーズティー
6/26 11:42

その「あれ」というのがこちら「BHEESTIE/ BHEESTIE BAG」。

仲の良いメーカーさんの展示会に並んでおり、「水没したスマホが復活!!」のキャッチコピーに「携帯 水没」の悪夢を見たキクウラはすぐ仕入れた。
入荷が少し遅れて、実際に入荷したのは6月の頭ぐらいだったと思う。

BHEESTIE ビーズティー

これをこの機会に使わなくてどうする。

店で水難事故に遭う事はまずないんだから、家に持って帰っておかなかった事は悔やまれたが、これでデジカメが復活すれば、良い宣伝になるではないか。

BHEESTIE ビーズティー

パッケージを開けてみると、小さな乾燥剤が2つ。工業用乾燥剤とある。
電池ボックスのフタなど、開けられるところはすべて開けて中に入れた。

BHEESTIE ビーズティー

きっちりジッパーを閉じて後は24時間待つばかりだ。

・・・

その翌日、24時間の経過を待って開封。

バッテリーを入れて、スイッチON!!

ダメだ。

バッテリーが充電不足かもしれないと、3時間フル充電して、スイッチON!!

やっぱり、ダメだ。

諦めきれないので、24時間を48時間に延長。

でも、ダメだった。

スイッチを入れてどこかのランプが点くとか、何か小さく音がするとかすれば少しは希望が持てるが、全くウンともスンとも言わない。

「BHEESTIE」のパッケージには「水没状況や機種によっては復活できない場合もあります」とあるが、状況がそれほどひどかったとも思われないし、事後の対応だって酔っぱらいにしてはまずまずだったと思うんだけどなぁ。

もう1日継続したが、変化はなかったので、そのまま「BHEESTIE」の中に入れて、荷物置き場に置いておいた。運が悪かったと諦めるしかない。

・・・

いつも使っているカメラは、もう1台ある。
ただ、それは、景色を撮ったり、花の写真を撮ったりするには良いが、台所で鍋の中の様子を撮るのには全く役に立たない。
最近のあそこの写真が、少し色味が変なのはそのせいだ。

単焦点カメラだから、蝉や鳥の写真を撮ったりするのは無理だし、シーズンに入ってツアーの写真を撮るなどあり得ない。

結局、もう1台デジカメを買う事になるのだ。
でも金はないし、宝くじは当たらない。

・・・

そんなこんなで、昨日、荷物置き場で他の物を探していたら、「BHEESTIE」が出てきた。

何気なく、ケースにしまってあったバッテリーを入れて電源を入れてみると、液晶がパッと光ったから驚いた。

液晶には「レンズエラーを検知しました。シャットダウンしてください」と表示されている。
スイッチをオフにしてもレンズが収納されない。

ガチャガチャいじっていると、いきなりレンズが戻り、も一度スイッチを入れたら、何事もなかったように起動した。

ズームもフォーカスもきっちり動作する。

ありがとう! ありがとう!! ありがとう!!!

BHEESTIE ビーズティー

BHEESTIE/ BHEESTIE BAG

ee_banner_s.jpg mail_banner_s.jpg


www.largo99.com
2-4-2 Shinjyuku, Shinjyuku-ku Tokyo Japan 160-0022 TEL:03-3352-3134 FAX:03-3352-3136