2008/9/2 火曜日

沢登りと秘湯堪能の会

Filed under: trip — largo99 @ 20:18:27

Hyo01

行って来ました「沢登りと秘湯堪能の会」。

楽しかったなぁ。
いや~、個人的には久しぶりに「のんびり」を満喫したナイスな旅でした。

当初「現地早朝着。沢登りをしたあとに秘湯を堪能する」と予定されていたのが「週末は全国的に荒れ模様の様子。土曜日はゆっくりして天気の回復する日曜日に沢登りをしよう」とプランが大きく変更になって「東京を7時に出発。現地での昼ご飯をツアーの幕開け」と決まった訳であります。

2台の車に8人が分乗していざ山形へ。
前の晩、別の宴会で深酒をしたワタシが後部座席でまどろんでいるうちに車はどんどん北上。
天気予報の情報より空は青く、なんだこれなら沢登りもできたのではないかと思うほどの天気なのでありました。

米沢に着いたのは何時ごろだったでしょう。
コンビニの駐車場に車を入れて、熱心な隊長が情報収集を。
「何食べよう?」

「蕎麦」という候補もあったけれど、「米沢に来たんだから米沢牛でしょう」という暗黙の了解が皆の中を流れているようでありました。
で、あまたある「米沢牛」の店の中でどの店に入るかが次なる問題。
マメな隊長がコンビニで何か買い物をして地元のおばちゃんかに聞いてきたようです。

「よーし、そこ行こう!」
5分ほどで着いた最上川沿いのその店は5階建てのビルで、米沢の名店であるのか知りませんが、なんとなく雰囲気がお高くとまった感じ。「東京の叙々苑みたいだね。」誰かポツッと言ったその言葉がピッタリはまりました。
ワタシはすっかりシラケて外にいましたが、こういう時に女性は強く、ズカズカ中に入っていってメニューをチェックしているのでありました。

「たかー!!」そう言ってお姉様達は出てきました。
そこへ大型バスが入ってきて、みんなして一気に店替えモードへ。「観光バスが入ってきちゃうような店はダメでしょー!!」

で、もう一軒紹介された店もチャックしたのですが、たたずまいはナイスな割にメニューが高く没。

そして隊長の「街に入ってきたところに小汚い肉屋があって隣が小さな食堂になってた。あそこなら安そうだよ」という言葉にしたがっていざ3軒目へ。
さすが旅慣れた人は鼻が利くようでナイスなチョイスでありました。
門構えの割に奥に広い座敷がある普通の町の食堂で、入口近くでオジさん2人がうまそうなカツカレーを食べていました。この店の名物のようです。

まあ、それでも「米沢牛」と心に決めて店をあちこちした訳ですから、「カツカレー」という訳にはいきません。
「米沢牛 鉄板焼き ロース&カルビ」ということで一致団結し、ロース4人前、カルビ4人前と注文が決まった訳であります。

0808fksm1

「あれ? 誰かさんつまんなさそうにしてるけど、お酒たのまなくていいの?」

隣に座った隊長がそうサジを投げてくれました。嬉しかったなぁ。

で、同行の誰もがワタシの酒好きを理解し、許してくれましたからありがたく1本と相成った次第でありまする。

0808fksm208fksm13

そして、この一杯は、旅のほんの幕開けなのでありました。

www.largo99.com
2-4-2 Shinjyuku, Shinjyuku-ku Tokyo Japan 160-0022 TEL:03-3352-3134 FAX:03-3352-3136