2011/12/28 水曜日

WEBSTOREより/ 年末年始の出荷のご案内

Filed under: largo,WEBSTORE — largo99 @ 20:14:19

いつもLARGO WEBSTOREをご利用くださり、誠にありがとうございます。
雪が降っていますから、正月に滑りに行かれる方も多いようで、たくさんのご注文ありがとうございます。

年末年始のWEBSTOREの出荷予定をご案内差し上げます。

Eco_logo

「便利でお得」と大好評の「エコ配」は、本日(2/28)16:30までのご注文をもちまして年内の出荷を終了させていただきます。年始は1/5(木)より通常業務となります。

  

「ヤマトメール便」「レターパック500」「ヤマト便」による出荷は、12/30(金)13:00までのご注文に対応いたします。年始は1/5(木)より通常業務となります。

WEBSTORE

LARGO WEBSTORE / 配送方法について

2011/12/27 火曜日

moon & mercury

Filed under: 天気, — largo99 @ 18:00:27


17:53

2011/12/25 日曜日

from Y. Takahashi/ 谷川岳天神平雪上講習レポート

Filed under: FRIENDS,SNOWBOARD,trip — largo99 @ 18:02:43

1112beacon3.jpg

こんにちは。

今回初めて、中山先生の雪上講習に参加させていただきました。

ざっと書いたつもりが、ずいぶんと長くなりました。12月18日に天神平谷川岳で開催していただいた雪上講習のレポートです。

ぼくは山ボの講習会はロープワーク初級以外全て参加させてもらってはいたものの、雪上での捜索はやったことがないという、一緒に行く人にとってはかなりの不安要素です。先シーズンも同じ講習会があったそうですが、思い返せば今回と同様足が無く、諦めた記憶があります。
今回はLargo企画とのことで、告知の次の日の仕事中、Largoに行って菊浦さんに頼み込み、車で行くマキさんにつないでいただきました。菊浦さん、忙しい中ありがとうございます。

当日、5:40に戸田公園駅に集合。小島さんとマキさんに迎えにきてもらいました。関越の上里SAの手前辺りで山が見え始めます。天気は快晴。しかし向かう山の上には雲が掛かっています。月夜野で降りてかぐら行っちゃう?なる会話があったのは事実です。先生、ごめんなさい。
久々の雪道運転にビビりながら、8時ごろ谷川岳天神平スキー場に到着。支度して集合場所にいくと、すでに中山先生と、数名の方が集まっていました。天気は弱い雪。ただこのあと次第に強くなっていきました。

今回は中山先生ともうひと方、大柄でいかにも警察!(?かもっとすごいひと)で救助もやると言う大河内さんが講師を勤めてくださいました。あいまいでごめんなさい。レポート書くことになるとは思わず、分かっていればきちんと聞いていたんですが。とにかくうちの会社で聞くとんがったものでなく、丸くて優しい関西弁を使う優しい方です。

8時半に参加者全員揃い、中山先生から資料の配布、今日の講習の説明があり、9時にゴンドラで山麓駅を出発。ゴンドラ内で先生に今日のテーマを忘れて、最近買ったけど使い方の分からない無線機のことを聞きまくっている間に山頂駅に到着。
山頂駅を降りて右側に50メートルほどいったところの未圧雪のところをみんなで踏みならし、疑似デブリを作って講習スタートです。

まず始めにビーコンでの捜索です。経験者と初参加のひとで分かれ、先に初参加組が、のっけからビーコンを一台雪に埋めての捜索です。初参加はぼくを含め3名で、ぼくはマムートのPulse Barryvox、あとの2名はトラッカーか何か別のものを使っていました。ぼくは比較的まっすぐ、たぶん1分くらいでだいたいの埋没場所を特定できましたが、2名は少し回り込んで見つけていました。高いの買ってよかったと思った次第です。

一回探索を行なったあと、経験者組は捜索を、初参加組は中山先生から埋没したビーコン(人)の向きによって表示が変わることのレクチャーがありました。実際に雪崩に巻き込まれた人間が、どの向きになっていても探し出せるよう、横向きに寝かしたり縦にしたり、立ててみたり。

ここでぼくの高価で優秀なバリボックスが、レポートに打って付けの反応をしてくれました。見える位置にビーコンを置いてもらい、5メートルほど離れたところで受信モードにしたところ、数値はほぼ正確なものの正面に見えているビーコンとは真逆の後ろを刺したんです。すぐそこに見えているのに。ひとまず矢印の方向へ、後ろにさがってみると矢印はそのままで数値だけ増えていきます。8メートルまでさがっても変わりません。今度は素直にビーコンに向かってまっすぐ進み、だんだんと近付いていくと、数値が4メートルを切ったところで矢印が急に向きを変え、正面を指しました。ほぉ~~なるほど~~、山ボで教わった「矢印よりも数字を信じろ」がじーーんと実感できた経験でした。山ボの皆さま、ありがとうございます。

次に参加者全員での複数探索(2台)です。みんな山側を向き、大河内さんが埋めてくれます。先生の号令で探索開始。みんなわらわらと個々に探索します。他の人の動きにつられないように、何人か同じ方向に進んでいるとこを見てしまったのでぼくはもう一つの方を探すようにしました。ここでももう一つのほうにはだいたいまっすぐにいけましたが、大河内さんけっこう深い位置に埋めてくれたようで、ぼくのバリボックスでは1、5メートルくらいだったか数値の一番小さいところを少し手で掘ったくらいじゃ出てきません。もうちょい掘ってみんべと手でひっかいていましたが、その間に別の方が、ぼくの掘っている30センチくらい谷側のところで「ここにいる!」んだそうです。ちょっと待ってよ、ここだって、おれのビーコン高ぇんだからね、とか思いつつ、多少ムキになって手でひっかいてましたがそこは先ほど踏み固めた場所、ぜんぜん掘れません。ここで初めて焦ったぼくは、スコップを取りにザックのところまでいきましたが、戻ったら埋めたビーコンは掘り出されていました。やっぱり探索はスコップを持ちながらやったほうがいいです。プローブも持つことを考えると、担げるスコップには担ぐためのロープが必要です。つくづく分かりました。
ビーコンの数値について先生によると、やはり機種や個体によって指し示す場所は多少違ってくるそうです。数値がそれ以上減らず、おおよその位置が特定できているのならそこで少し掘り下げてみて、改めてビーコンを近づけてみる、というやり方が良いのだそうです。

次にプローブでの捜索です。プローブを雪に刺すのはぼくは初めてではありませんでしたが、これで人間を探し当てるのはかなり難しい気がします。先生から、プローブはぶっこむ!でなく、送るように刺す。とありました。皆さま、プローブはぶっこむものではありません。実際の現場では焦ってそんな余裕ないとは思いますが、できるだけやさしくしてあげてください。

プローブで刺す感覚を得た後は、プローブでのグループ探索です。ここでは、リーダーを中心に横一列にならび、リーダーが号令をかけます。「端にリーダーがくることもあるが、風が強いと号令が届かないときもあるのでリーダーは真ん中がいい」、とのこと。プローブの刺し方は、肩幅程度に足を広げリーダーの号令「左、右」、に合わせて両足先に、ぶっこむ!のではなく送り込むように刺します。両方に刺した後はリーダーの「進め」の号令に合わせて一歩進みます。進んだ後はデブリの悪い足場の中で体勢を崩す人もいるので一拍おいて、号令に合わせて左、右。この繰り返しです。この要領でやると日本人の肩幅、歩幅で40センチ四方が作られるそうで、この間隔だとプローブで人を当てられる可能性は60、70%とのこと。欧米のかたは60センチくらいになるそうで、おそらく確率は落ちるのでしょう。日本人でよかったです。

次は雪の安定度の確認。場所を変え、新雪面から地面手前まで雪を掘り下げて天神平の今シーズンの全積雪を見てとれる断面を作りました。この積雪の中に、はっきりと他とはちがう線が2本、ちょうどとけかけたかき氷のような色合いの層が2枚あります。先生いわく、これが弱層とのこと。この層が雪の結合が弱くなる部分で、ここを境に雪崩が発生するそうです。そういえばこのとき降っていた雪が降り始める前、月曜か火曜くらいに暖かい日がありました。これが弱層を作ったんですね。
シーズン始めの積雪によっては、全層雪崩になることもあるそうです。できれば2週間前からの天気、理想は雪の積もり始めから確認することが良いそうです。

このあと、断面を使って積雪の硬さで雪の結合具合を確認する方法の説明がありました。上の方から順に指や拳を雪に押し当て、硬さをみて弱層の有無を確認するものです。この日までにかなり降り積もっていたので、上の方はするり、積雪の真ん中くらいまで指で穴が開けられます。しかし、下の方にいくにつれ雪がしまっていて、例の弱層では握り拳で力を入れてすこしへこむ程度。先生は 今日はスキーならここで崩れるけど、スノーボードならまぁ大丈夫でしょ と。奥深いですね。
その後、いつかやってみたいと思っていた埋没体験。と、その前に、プローブで突かれるイベントがありました。

やっぱり結構痛いものです。やっぱりみんなぶっこんでくれていました。送り込むと教わったはずのところ、ふくらはぎを突かれ、首を突かれ、頭、腰、尻。。。声が届かなかったらもっとぐりぐりやられたことでしょう。
いろいろな場面を想定して、背中にスコップを置いて突かれもしましたが、感覚でわかるものでしょうか。やっぱりなにかそれらしいものがあった場合にはざっと多少掘り下げて確認することも必要のようです。

このあとが苦行の後の快楽、埋没体験です。作った断面の下側に体を入れられるスペースを作ってもらい、体を入れて雪をかぶせるかたちで埋めてもらったのですが、意外にもあまり恐くありません。背中に隙間はあるし呼吸は苦しくないし外の声はよく聞こえるし。体動くし何より明るいし。ただ、これでよかったです。

次にあったのがスクラムジャンプテスト。先ほどぼくが潜り込んでいた穴の上に、5名が横一列になって腕を組み、掛け声に合わせて飛び跳ねて圧をかけ、積雪の安定度を測るものです。2、3回のジャンプで崩れました。上に立った5名は全員体勢を崩し、けっこうな量の雪が崩れていました。さっきぼくのいた穴も見事に崩れ、これに埋まんなくてよかった、と言うのが正直なところでした。

最後に先生から、一人でできる簡単な弱層テストと言うことで、円柱テストの説明がありました。これは、雪を手でかいて直径30センチ程度の雪の円柱を作り、両腕で円柱を抱えてずらしてみて、積雪の安定度や弱層の有無を確認するものです。抱えた状態で手首を使ってずらす、腕で、肩で、腰を入れてと、だんだんとずらす力を強くしていきます。弱層があれば雪の円柱が弱層を境にスパッとずれるんだそうです。手首でずらしたくらいの力でスッパリいってしまったら、こういう日は滑るのを諦めましょう、とのことでした。賛成です。

これで講習会は終わりです。みんなでレストハウスに戻り、個々にもってきた昼食をとったり先生がもってきてくれたパンをいただいたりしながらのメロータイム。大河内さんによると、スキー場からアプローチできる、谷川岳の決まった箇所で尾根越えをめんどくさがる人がトラバースを試して雪崩を起こし埋まる事故が毎年あるそうです。また雪崩を避けて一人ずつ滑ったとしても、何人か行った後でも雪崩れる時は雪崩れる、とも。せっかく買った安くは無いビーコンですが、使わないように遊ぶことが何より一番と言うことですね。

このあとは小島さんマキさんと一緒に初滑りを軽めに楽しんでから帰りました。雪は降り続いたまま。泊まっていきたいくらいでした。いろんな意味で充実した、有意義な一日とすることができました。

たらたらと長くなってしまいましたが、最後に、ぼくは中山先生の書いた『雪山の基本』を改めてざっとですが読んでから講習会に参加させていただきました。これがけっこう効果があったと思います。来年この講習に参加される方にはおすすめです。

Y. Takahashi

年末年始の営業予定

Filed under: largo, — largo99 @ 17:54:41

091222smkzr_2

年末年始の営業時間を以下の通りとさせていただきます。

12/26(月) 11:00 – 16:00
12/27(火) 通常営業
12/28(水) 通常営業
12/29(木) 11:00 – 18:00
12/30(金) 11:00 – 15:00

12/31 ~ 1/4 休業

1/5(木) 11:00 – 18:00
1/6(金) 通常営業

よろしくお願いいたします。

LARGO

2011/12/24 土曜日

Merry Christmas!!

Filed under: Happy Birth!!,,生活 — largo99 @ 12:28:04

本日(12/24)、娘たちにチキンを焼いてやらなければならないので、18:00にて閉店させていただきます。

皆さまも、素敵なクリスマスをお過ごしください。

LARGO

2011/12/22 木曜日

mercury

Filed under: 天気, — largo99 @ 17:20:11


17:09

ご機嫌な連休でありますよう、皆さまに。

LARGO

2011/12/21 水曜日

門松

Filed under: ご近所, — largo99 @ 20:21:27


9:39 Nitocho Shinjuku

2011/12/20 火曜日

from Tatsuo Nakayama/ 谷川岳天神平 ビーコン実習とプローブの体験

Filed under: FRIENDS,SNOWBOARD,trip — largo99 @ 20:08:20

1112beacon3.jpg

from Tatsuo Nakayama/ 谷川岳天神平 ビーコン実習とプローブの体験

from Tatso Nakayama/ 雪崩ビーコントレーニング実技

from T. Sasamoto/ 伸君のブログアップ

Filed under: FRIENDS,trip — largo99 @ 13:34:38

どうもです。
スキー選手の高澤伸君のブログが一気に3回分アップされました。
先々週末、カナダから電話が有ったとき、
「ブログアップしてないじゃん」と文句を言ったのですが
どうやらサーバーのトラブルの様です。
文句言ってすみません。(笑)
スキー選手の生の声です。
皆さん、ブログを見てあげてコメントしてあげて下さい。
何よりの応援になると思います。

http://yaeraikere.blog.fc2.com/

笹本 勉

2011/12/19 月曜日

from Yoshiro Higai/ お知らせ

Filed under: 未分類 — largo99 @ 15:52:57

フェースブックページを作成しました。

http://www.facebook.com/studiofishi

いろいろとアップしていきます。
ぜひご覧になってください。

樋貝吉郎
YOSHIRO HIGAI PHOTOGRAPHY

次ページへ »

www.largo99.com
2-4-2 Shinjyuku, Shinjyuku-ku Tokyo Japan 160-0022 TEL:03-3352-3134 FAX:03-3352-3136