2015/1/29 木曜日

from TENGU Snowcat Tours

Filed under: largo,SNOWBOARD,trip — largo99 @ 17:45:06

2GirlsGuides

Largo殿様ツアーにご参加の皆さま

こんにちは。北海道・北大雪よりTENGU Snowcat Toursです。

とうとう明日から待ちに待ったツアーですね!

こちらは、今もしんしんと軽い雪が降っています。

シルキーパウダーが大好物の殿様方を、今回はTENGUプレミアムなこの姫ガイド達が今か今かと待ち受けていますよ。

でっかい低気圧とともに北上してきてくださいね♪

準備万端でお待ちしております。

TENGU Snowcat Tours ガイド・スタッフ一同
http://www.tengucat.jp

TENGU Tonosama Tourによる休業のお知らせ

Filed under: largo,SNOWBOARD,trip — largo99 @ 16:05:37

1/30(金) 休業
1/31(土) 休業
2/ 1(日) 休業
2/ 2(月) 通常営業(11:00〜16:00)

よろしくお願いいたします。

LARGO

2015/1/28 水曜日

from T. Yamashita/ ラルゴ・カラースポーツツアー初日のレポート

Filed under: largo,SNOWBOARD,trip — largo99 @ 19:41:13

150124tsugaike1ついに菊浦さんのご指名を受けて、光栄にもツアーレポートを記載させていただきます山下と申します。

私がラルゴツアーに参加するのは、一昨年のTENGUツアーから始まって4回目。今回はふだん私自身がバックカントリーの入門からお世話になっているカラースポーツとのコラボというので、どちらにも馴染みのある関係で、喜んで参加させていただきました。

実は私がバックカントリーの世界に足を踏み入れたのは、3年前の54歳のとき。「もう人生に守るものはない」、と決断して飛び込みました。そして年々衰えていく体力を、ラルゴでみつくろってくれるマテリアルでなんとか補い、ここまで続けてきました。

私は長野県茅野市に住んでいるので、2時間で白馬に行ける距離。前夜も十分の睡眠をとって4時半起床、5時すぎに出発、7時には白馬駅に到着しました。そこで、菊浦さんはじめ数名のお知り合いと再開。7時半に菊浦さんにカラースポーツから電話があり、栂池ゴンドラに8時半集合とになりました。

ここで今回のツアー1月24日、菊浦さんをいれて9名が集合。ガイドは布施さん。これまで何度もガイドしていただいている顔なじみです。天気は快晴、しかし十分に冷え込んでいます。
ゴンドラのあとリフトを1本乗りついで、上でトラバースして、ハイクアップの拠点に着きました。ここでビーコンの練習を。最終的なポイント検索に私が指名されたのですが、なんと一発でビーコンが雪の中からでてきてビックリ。幸先のよいスタートとなりました。

150124tsugaike2 いよいよ用意をしてハイクアップ開始。ところがはじめから少しずつ遅れる私。最初の早稲田小屋に着くあたりでは、もうすでに息があがっていました。それにしても菊浦さんは私と同い年なのに、どんどん歩いていきます。このコースはカラースポーツのツアーで何度も歩いた道なのに、自分の脚のなさにほとほといやになってしまいます。

本日目指すポイントは天狗原。2回の休憩のあと、急な登り口に入りました。
雲ひとつない真っ青な空、山と雪、本当に素晴らしい景色なのに、私はそれを味わっている余裕もありません。皆さんについていくのに必死、呼吸はハーハー、視界が狭くなって景色も充分に見えない状態です。さらに途中で、呼吸だけでなく胸まで痛くなってきました。ガイドさんはずっと前方にいて声をかけることもできません。「あー、もう年だからこんな遊びはもうやめろってことかな」などと心底思いました。今回ラルゴでスプリットボードを注文して、まだ1回も使ってないのに、これで引退?という気持ちもよぎりました。

150124tsugaike4  そうこうしているうちに、ついにアプローチポイントに到着。皆に遅れること5分、すでに呼吸は乱れ、心臓はバクバクです。それでも遅れまいと、必死に滑る準備をしました。周りをみると皆さん用意万端で、飲んだり食べたりも十分。一番休憩の必要な私には、十分な休憩の時間もありません。カラースポーツでは、滑る順番を決めるのに、全体を2班にわけ、班の内部でまずじゃんけんをし、最後に班の代表同士がじゃんけんをしています。そこでなんと最後に到着した私が、最初のドロップをすることになってしまいました。「えー!もっと休みたかったのに。」しかしせっかくバージンスノーを滑る権利を得たので、断りきれませんでした。何度も深呼吸をし、心拍数が落ちるよう画策したのですが、動悸はおさまってきません。そして「山下さん、どうぞ」の声。ドロップイン。

「あーサラサラでふかふかの雪、これだ!この感触!まるでシルクの上を滑っている感じ。素晴らしい!なんて滑らかなんだ。」
 この1本で、これまでの苦行もすべて忘れてしまいました。2本目は広いツリーバーンが沢状になっていて、「またこれも楽しいー。」

150124tsugaike3 そのあとなんとガイドの布施さんは、「まだ時間があるので、登り返して別のオープンバーンにでませんか?」と発言。
 私としてはもう登りはない、とかたく信じて滑ってきたのに、「えー、そんなあ」という感じ。ところが私以外すべての参加者がその悪魔の提案に賛同。このツアーでは単独行動は許されないということで、私も泣く泣くハイクアップに付き合わされるハメに陥りました。
 そして歩くこと20分。また新たなポイントからのドロップ、ここもバージンスノーで素晴らしい。これでもかというほどふかふかの新雪を味わいました。こうして十分にパウダーを味わって、15時半にゴンドラ終着駅そばの栂の森で休息をとりました。私は知っているのですが、ここからのゲレンデが長くて実につらいのです。今日滑ってきたランの倍はある硬い雪、ときに氷のコース。3回ほどの小休憩をはさんで降りてきましたが、同じ雪でもえらい違い。滑らかパフパフ斜面と、硬いぼこぼこ斜面。この2つの対比はなんと表現したらよいのでしょうか。菊浦さんは「ゴンドラで降りて来たかった」と言ってました。
16時すぎにゴンドラ発車駅で終了。「楽しかったけど、苦しかった。明日もまたこのツアーに参加できるのだろうか?もうお金を払ってしまったが、無理をしないほうがよい。命あっての物種だ。」と私はこの時点では考えていました。

そのあとは、笹本さんオススメの若栗温泉へ。ひなびたよい感じの温泉なのですが、ここが大混雑。男風呂は洗い場を待つ人で渋滞になっていました。しかし泉質はたしかに素晴らしい。芯から温まりました。

それから菊浦さんお勧めの宿、ロッジ基(もとい)へ。しかしこの道がまたすごい。雪の壁が車の高さ以上で、なおかつ1台分しか通れない幅。いったい向こうから車が来たらどうなるのか?と心配していたら、先を同じ方向に走っていたワンボックスカーが坂道を上がれず、スタック。にっちもさっちもいかなくなって、結局バックして、ほかの家の入口にはいりこんでもらうことに。そうして我ら4台の車は目的地に向かうことができました。

この宿はたしかに入っただけでセンスのよさを感じさせました。広いロビー、ボーズのスピカーから感じのよい音楽が。我々以外の客も大勢いて満杯となっていました。到着してまだ荷物を部屋に入れ込む前にビールを1杯、「あー、まだ生きている。」今日も実感できました。
6時40分から夕食、たしかに菊浦さんがお勧めとあって、すごい品数、そして実に美味い。日本酒がどんどん進みます。

150124tsugaike5 ここでツアーのメンバーの紹介を。まず蓮見ご夫妻、旦那さんはうっとりするほどダイナミックで熟練した滑り。奥様は子育てが終わってからバックカントリーを始めたというのにすごいスタミナがあり、また美しいフォーム。去年八甲田とTENGUでご一緒した大串さん、そしてご友人の吉村くん。大串さんのスプリットボードをみて、私もこういう滑りをしたいと思い、同じジャイアントマンタレーのスプリットを注文してしまいました。吉村くんは自分は飲まないのに、いつも酒飲みのおっさんの中にあって雰囲気を作ってくれます。ありがたいキャラクターの持ち主で、唯一のスキーヤー。村井さん。山ボード研究会設立のころからの参加メンバーとのこと。この方も映像にでるような素晴らしい滑りをします。私のお隣に座ったのが今回はじめてお会いした鈴木さん。以前八甲田でツアー仲間とはぐれ(一説には遭難したといわれている)、新雪の中を登り返して生き残ったという、ラルゴでは伝説の人物とのこと。そしてラルゴツアーの責任者笹本さん。いつもお世話になってます。今回も仲間の滑りの写真を何枚も撮っていただきました。最後に菊浦さん。何回かツアーにご一緒させていただいていますが、飲まないとほとんど会話がないのですね。そしてガソリンが入るとなんてフレンドリーな方なんでしょう。

隣の宴会は、八王子にあるライドというショップのツアー。途中で菊浦さんが気をきかせて、お互い代表の挨拶と乾杯の音頭をとってくれました。こういうときの菊浦さん、とてもいい挨拶をされますね。

夜9時前に、すべての料理を平らげたところでこの場は終了、そして宴会部屋に移っての飲酒。ここでは笹本さんがとりしきって、次から次へ新しい一升瓶の蓋を開けてました。しかしこの人数でそんなにのめないよー。皆さん前夜の睡眠不足も影響して10時すぎにはお開き、深い睡眠へ入っていきました。

翌日のことは蓮見旦那さんのレポートに引き継ぎます。私はこの土曜日のツアーだけでいっぱいいっぱい。明日はどうなることやら。

山下共行(BC歴3年)/ Photo : T. Sasamoto expect #5

2015/1/27 火曜日

Hakuba Tour

Filed under: SNOWBOARD,trip — largo99 @ 19:47:10

150124tsugaike
1/24 14:12 Tsugaikeshizenen

我々は、ガイドさんも驚くぐらいに1/24(土)は栂池天狗原で、1/25(日)は八方尾根ガラガラ沢で大当てしたのでありました。

ツアーレポートは近日公開予定です。

LARGO

2015/1/23 金曜日

moon

Filed under: 天気, — largo99 @ 20:43:10

150123moon

ご機嫌な週末でありますよう、皆さまへ。

LARGO

ツアーのため・・・

Filed under: largo,trip — largo99 @ 18:47:14

150123tbk

久しぶりの白馬ツアーのため、今週末(1/24-25)は休業します。

よろしくお願いします。

LARGO

2015/1/22 木曜日

from TENGU Snowcat Tours/ 北海道・北大雪より

Filed under: FRIENDS,largo,SNOWBOARD,trip — largo99 @ 18:18:55

tengu

こんにちは。北海道・北大雪よりTENGU Snowcat Toursです。

1月より2015年シーズンのツアーがスタートしています。

朝からテレビのニュースで「リフト乗り場はヒト・ヒト・ヒトです!」と、新宿駅の雑踏並みに人だらけの札幌ばんけいスキー場リフト乗り場からレポーターが叫ぶ3連休の初日。その姿を横目に、我々はいつもの静寂な山へ。今シーズン初のツアーです!

世の中のスキー場やバックカントリーエリアが3連休の喧騒でごった返す中、コンパクトな人数でこの静寂な山を独占するという、至極の贅沢。ロングランをのんびりクルージングしながら、ふと周りを見回してみると前にも後ろにも誰もいない!!この空間をなんと独り占めか!? ・・・う~ん、この極上の時間がいつまでも続けばいいのに。

と、まあこんな感じで2015年のTENGU Snowcat Toursはスタートしています。

詳細は、オフィシャルウェブサイトのツアーレポートにてご覧ください。
http://www.tengucat.jp/TourReport.html

さて、来週末はとうとうLargo殿様ツアーですね!

皆さまのお越しを楽しみにお待ちしています。

残念ながら殿様ツアーの定員から溢れちゃったよ~という方、その翌週 2月6日~8日のツアーにまだ空席がございます。

殿様ツアー名物の夜の宴会がないというのは無念かと存じますが、ディープシルキーパウダーの期待値が非常に高い日程でもあります!2月はどこに行こうかな~と悩まれている方、ぜひお早めにご検討ください♪
http://www.tengucat.jp/pg99.html

僻遠のラスト・フロンティアで皆さまをお待ちしております。

TENGU Snowcat Tours ガイド・スタッフ一同
http://www.tengucat.jp

※参加のお申し込みの際には「Largoからの紹介」と一言お伝えいただけるとスムーズです。

2015/1/21 水曜日

Filed under: 天気 — largo99 @ 15:28:21

150121yuki

バカに寒いと思ったら雪が降っている。

あら? 左上に浮かぶ物体はなんだ?

2015/1/20 火曜日

コインパーキング

Filed under: 生活 — largo99 @ 20:34:42

150120park

店の前の通りを100mほど四ッ谷へ行った所にバイクと自転車専用のコインパーキングができた。
年明け早々の事だ。

今日初めてバイクが停まっているのを見た。

明日(1/21)の営業時間について

Filed under: largo, — largo99 @ 20:31:21

150120tbk

やんごとなき事情により、明日(1/21)は16:00にて閉店させていただきます。

よろしくお願いします。

LARGO

次ページへ »

www.largo99.com
2-4-2 Shinjyuku, Shinjyuku-ku Tokyo Japan 160-0022 TEL:03-3352-3134 FAX:03-3352-3136