2015/1/14 水曜日

スイッチ

Filed under: FRIENDS,largo,生活 — largo99 @ 20:11:34

150112switch

12月の忙しい時から、店の照明のスイッチが渋くなった。
パチッと押しても点かないので、ぐっと押し込む。

それでなんとか保っていたが、年が明けてからそれでも点かなくなった。
一昨日(1/12)、無理矢理押し込んだらスイッチがガチャッと外れてしまった。

店の電気が点かなくては営業にならない。
怖いながらも、スノコの隙間から指を伸ばして支えにしたら、なんとか点いた。

こんな事を毎日続けるのも嫌だし、早急に対応策をたてなければならない。

そんなところにぴったりの古い馴染みのお得意さんがやって来た。
彼は、エレベーター・エンジニアなのだ。
キクウラの古い愛車を直してくれたエレベーター・エンジニアもいるけれど、それとはまた別の若者だ。若者といってもキクウラより若いというだけで世間では普通のオジさんかもしれない。

で、なぜかキクウラとこの2人のエレベーター・エンジニアは相性が良く、また職業柄かこの2人は面倒見が良く、こうこうこうなんだよねと言ったら、パカッとスイッチのカバーを外して「ちょっと見てみましょうか」と言ってくれた。
願ってもない。

150112switch2

「なんか細目のドライバーあります?」
というので、工具箱をガチャガチャあさっていたら、それより自分の道具の方が使いやすいかと思ったのか、店の前に停めてあった車から、ドライバー、ニッパー、グローブを出してきた。
さすがエンジニア、格好良いなぁ。

150112switch3

お客さんがいないのを見計らってブレーカーを落とし、キクウラの自転車通勤用のヘッドランプを使って作業は進んだ。
どこが悪いのか、線が悪いのかスイッチが悪いのか。
取り付けてあるところのスノコが少し焦げているが、スイッチが黒くなったりはしていない。

結局、普段全く使っていない蛍光灯のスイッチにメインの配線をつなぎ、取りあえずの応急処置としてくれた。

一つ一つが、キクウラのには頼もしく崇高な作業に思われた。
絶対、自分じゃできなかった。

150112switch4

こうして、無事スイッチは直った。

ただ、いつもの癖で、必ず下のスイッチを押して、一瞬、エッと思う。

www.largo99.com
2-4-2 Shinjyuku, Shinjyuku-ku Tokyo Japan 160-0022 TEL:03-3352-3134 FAX:03-3352-3136