2016/1/28 木曜日

Filed under: 生活 — largo99 @ 20:14:31

160128sisn

数年前から、親父が介護施設の世話になっている。

郊外の施設で静かに暮らしているが、月に一度、尿道カーテルを交換してもらうために近くの総合病院へ行かねばならない。

幸い、献身的な母がいろいろ世話を焼いてくれ、兄弟も多いから、それが順番に面倒を見ていた。

ところが、子供たちも年を取ってくるといろいろ厄介なことを抱え出す。

「今回はあんたが手伝いに来てよ」

母から指名がかかった。

ホームに迎えに行って、タクシーで10分ほどの病院へ連れて行く。
カーテルを取り替えたら、またホームまで連れ戻す。
それが、ミッションだから、時間の拘束はあるものの、さほどの苦労はない。

そう甘く見ていた。

9時にホームについて、車椅子に乗せ、病院へ。
受付けを済ませたのが9時40分頃だった。

いろいろあっても昼には店に戻れるだろうと思っていたが、とんでもない。

結局、順番が回ってきたのが午後1時10分。3時間半の待ち時間だった。

完全にボケた親父は息子の名前も思い出せない。こちらの顔をじっと見ると脳裏の奥から何かが湧いてくるのか、頭をかいてうめき声をあげる。

長時間待たされると、そこにじっとしていることに飽きるようで、ロックのかかった車椅子を自分で解除して、どこかに行こうとする。

仕方がないから、待ち患者でごった返した病院内をゆるゆると車椅子を押した。
他の患者さんの迷惑にならぬよう、30分も歩きまわっただろうか。
廊下の左手に手すりがあると、それをつかんでグッと引っ張るのが好きなようだった。

何一つ会話はなく、何か見てうめく父の背中を見ながら、自分が生まれたばかりの頃、父が笑いながら抱いてくれていた様子を想像した。

www.largo99.com
2-4-2 Shinjyuku, Shinjyuku-ku Tokyo Japan 160-0022 TEL:03-3352-3134 FAX:03-3352-3136