2016/7/24 日曜日

モモ

Filed under: Happy Birth!!,largo — largo99 @ 17:55:46

160724mitomi

もう20年近く前、「三富キャンプ」という飛んでもないイベントをやっていた。

地元の休耕地になっている段々畑を借りて、そこで一日中飲んで食ってのキャンプをしていたのだ。
つい2週間前、何かの箱を整理していたら、思いがけない写真が1枚出てきたので、カウンターにピンで留めたが、これがその頃の写真だ。

金曜日の夜に仕事を終えると、それぞれ車で山梨のその地へ向かう。
その場所は、目的を持って行かねば、絶対に車が入ってくるところではなかった。
最初に着いたチームが、背の高さまで茂ったススキを刈り取って、メインになる場所にタープを張ってダイニングを設えた。

それができるとまず乾杯をして、持参のつまみで宴会をスタートし、焚き火好きに火を熾してもらって、延々と飲むのだ。

一通り腹ができると、それぞれ好きなところにテントを張って寝ぐらを整え、後は寝るだけの状況を作って、焚き火の周りで馬鹿話をする。

間違っても知らぬ人が上ってくる事のない場所だったから、どんなに大声を出そうが、楽器を叩こうが苦情が来る事はない。
夜中に車が上ってくると「誰、誰?」と、仲間が車を止めた瞬間に生ビールを差し出して、「お疲れ、お疲れ」とねぎらった。

モモの産地だから、ちょうどこの時期、街道沿いにモモの直売場が並んでいた。
傷物のモモが、バケツ一杯いくら、みたいにバカみたいな値段で出ていたから、買ってきて、近くの川で冷やしてみんなで食べた。

キャンプには、まだ幼稚園に入ったばかりの娘たちを連れて行った。
冷たく冷やしたモモの皮を無造作にむいて、カップに入れてフォークを添えてやると、むしゃぶりつくように食べていた。

その頃から、キクウラは、子育ては「何を食べさせるか」「何を読ませるか」だと思って、彼女たちに接している。

さっき、裏の八百屋を覗いてみたら、美味しそうなモモが安くで出ていた。
久しぶりに、美味しいモモを娘たちに食べさせてやろう。

160724momo

www.largo99.com
2-4-2 Shinjyuku, Shinjyuku-ku Tokyo Japan 160-0022 TEL:03-3352-3134 FAX:03-3352-3136