2018/9/4 火曜日

Filed under: FRIENDS,天気,生活 — largo99 @ 14:47:53

朝、家を出ようとすると傘がない。
日曜日の雨で傘を差してきたのを、帰りは上がっていたから邪魔くさくて店に置いてきたのだ。
玄関にある置き傘を見ると3本あるが、そのうちの2本はボロボロでとても差していけない。
下の娘に聞くと、一番まともなのを使うと言う。

どうしようかと、外を眺めたら、いがいに雨は強くなく、歩いている人の中にも傘をささずにいる人がいる。
店まで行ってしまえば帰りはどうにでもなると思って自転車にまたがった。
そのぐらい雨は弱く、女性でも3人に1人は傘を差していない。

なんか得した気分になって走っていたが、麻布十番に差し掛かる大きな交差点で急にザッと降り出した。
少し先の左手にラーメン屋があって、店の前がたたき台になっている。この時間、店は営業していないから何度か雨宿りさせてもらったことがあるところだ。
座り込んで首に巻いたタオルで頭や体を拭いているとますます雨が強くなってきた。

どうしたものかと思っていたら、すぐ右脇にあるビルの入口から人の良さそうなおじさんが顔を出して「雨。強くなってきたねぇ」と言った。

さっきまで弱かったから走ってきたのだと話をすると、「傘持ってく? いらない傘たくさんあるからあげるよ」と言って、奥に引っ込んだかと思ったらすぐにビニール傘を渡してくれて、隣の駐車場へ入っていった。

礼を言って受け取ったが、傘を差して走るのも嫌だな、こけてまたみんなを喜ばせることになりそうだと思っていたら、降りが弱くなった。
もらった傘をそこに立てかけて走り出すのは、恩を仇で返すようなものだから、ザックの脇に差し込んで走り出した。
この雨の様子では、またどこで土砂降りになるかわからないから、傘を持っている安心感は代えがたい。

走り出してすぐ六本木ヒルズの坂になる。いつも通り雨の神が「ヤツがまた来たぞ」と気づいたのか坂を登りきったところでひどい降りになった。
その坂を下ると、乃木坂の避難場所がある。

目の前は駅だから、自転車で走れないような雨が続くようなら、そこに自転車を停めて地下鉄で店に向かう方法もある。
なんといったって、傘は持っているのだからどうにでもなる。
麻布十番のおじさんには感謝だ。

そんなにしていたら、避難所に隠れて見えなくなったからか、スゥ〜と空が明るくなった。

www.largo99.com
2-4-2 Shinjyuku, Shinjyuku-ku Tokyo Japan 160-0022 TEL:03-3352-3134 FAX:03-3352-3136