2019/1/17 木曜日

火傷

Filed under: 生活 — largo99 @ 15:47:11

年始のバタバタが続いて、少し間が空いてしまったから、皆さんが嬉しいキクウラのヘマ話をしよう。

クリスマス前後だったから、もう3週間も前の話だ。

何かにムカついてキッチンに立っていた。
小さなフライパンにお湯をたぎらせていたのに気づかず煽ったから、熱湯が左手の甲と左足の先っちょにぶちまかられた。

すぐに洗面所で冷やしはしたが、娘の夕食の準備中だったから、適当に端折って支度を続けた。
そんな状況で作った飯が旨いはずもなく、娘は残した。
踏んだり蹴ったりを絵に描いたようだった。

火傷はひどく、その晩は痛くて眠れなかった。
前に病院でもらってあった湿布薬を気休めに貼った。

翌朝、大きく水ぶくれになり、湿布を剥がすと当然皮が破れた。
その状況でシャワーを浴びるのは流石にためらわれ、また、古いお得意さんの外科医からも、そんな状況の時はなるたけ表面を乾かし、自然治癒するのが一番と聞いていたのを思い出し、手持ちにあった軟膏を塗って店に出た。

皮膚がグチュグチュしているから包帯を巻くのも嫌で、曜日の関係で病院にも行けなかった。
年末の納品が重なり、そんな手で作業をしているのをお得意さんが心配してくれた。
心配というより、気味悪がって見ていたというのが正しいかもしれない。

何日もシャワーを浴びられないのは、気持ちが悪いから、前にボランティアで「救急法」の勉強会をやっていた時に買ってあったラテックスグローブを嵌めてシャワーを浴びた。

そんなで年を越した。

歳をとると何が悲しいか、身体の治癒力が呆れるほどに弱くなる。
カサブタがグズグズするのが嫌で、ラテックスグローブをしてシャワー浴びる日が続いた。

そして、今日、年明け初めてグローブをせずにシャンプーをした。
なんと清々しい気持ちだったか、


www.largo99.com
2-4-2 Shinjyuku, Shinjyuku-ku Tokyo Japan 160-0022 TEL:03-3352-3134 FAX:03-3352-3136