2019/9/2 月曜日

缶詰

Filed under: FRIENDS,trip — largo99 @ 13:31:53

昨日の話。

この春、結婚して、夏休みのはじめに新婚旅行に出かけたお得意さんの中でも若手中の若手が夫婦で来てくれた。

新婚旅行の前に、彼のほうが「GRANITE GEAR」の小物を買ってくれて、旅先はポルトガルなのだと教えてくれた。
あまりあちこちウロウロせずにゆっくり旅するのだと聞いて、さすが今どきの若い人は旅も上手だと感心した。

彼が帰ってから、ふと思い出して「ポルトガルに行くなら、コンビニで売っている小さい醤油を持って行くといいよ」とメールした。

もう40年近く前、キクウラも彼の地を放浪して、マドリッドの友だちのところで2週間近く世話になった。
その間に、その友だちは結婚式を挙げ、キクウラも式に招かれ、式は親族で祝い、遊び仲間たちとは彼らの広くもないアパートで前日からオードブルだのサングリアだの錚々たる準備を整え盛大な盛り上がりをした。
夜中の12時ごろ、そろそろ片付けなのかと思ったら、部屋をこざっぱりさせてからダウンタウンのディスコに繰り出した。

まだ、日本人が珍しかったらしく、「日本人の友だちがいる」というのは彼の自慢でもあったようで、毎日あちこち連れて行かれた。

ある日、「今日はおじさんの家でランチだ」と出かけて行ったが、どっしりとした居間の暖炉には夏なのに薪が燃えていて、その上でこれでもかっていうぐらいのイワシを焼いていた。
ヨーロッパの中でもスペインの食べ物はことのほか日本人の口に合う。
たまたま、ディパックの中に入っていた醤油を出して振舞ったら、思いがけないぐらい喜ばれた。

そんな思い出があったから、スペインの隣のポルトガルでも醤油があると重宝するのではないかとのメールだった。

仲の良い夫婦が、「これ、お土産です」と言って缶詰を差し出した。
裏を見ると「SEA BASS IN OLIVE OIL」と表記があって「スズキのオイル漬け」である事が分かった。
「醤油のメールのお礼です」

で、醤油を持って行って役にたったのかと尋ねると、今や日本食はワールドワイドに広がって、現地にも醤油があるのだと二人は笑った。


www.largo99.com
2-4-2 Shinjyuku, Shinjyuku-ku Tokyo Japan 160-0022 TEL:03-3352-3134 FAX:03-3352-3136