2010/6/1 火曜日

フー

Filed under: garden — largo99 @ 20:23:37

100601fm.jpg

今日はあれこれ作業があり、マキも手伝いに来てくれて、頑張って働いたのであるが、一つ、密かに慌てていたことがあった。

フーの具合が悪かったのだ。

週に一度のエサやりと水替えの日だと思いながら瓶をのぞき込んだら、フーがどこにも見あたらない。

瓶を外に出して、ぐるっとひと回しすると、瓶の底に泳いでいる様子もなく漂っている。

ヒレの赤いところが白くなっているから、尋常でないと想像できた。

慌ててエサをやってみたが、マーは喜んで上がってきたが、フーは虚ろに底にいる。

瓶の縁を耳かきで叩いてエサが水に沈むようにしてみたが、それにも反応しない。

瓶を廻すと中で動いた水と同じに流れていくから自発的に動いていないのだ。

そこにお客さんがやってきたので、瓶に蓋をして定位置に戻した。

マキが来て、予定していた作業をはじめた時は、フーのことはすっかり忘れていた。

思いの外、作業ははかどって、夕方に一段落した。マキは仕事が早いので、来てくれると助かる。

で、「後はブログをどうするかだよ」と軽口叩いてお疲れさんして、夕焼けの写真を撮っている時に思い出した。

様子が先ほどと変わらないので、昨日から用意してあった水で水替えをした。

「きっと酸欠だ」なんとなくそう思った。

古い水を1/3吸い取って、新しい水を静かに入れた。

するとどうだろう。今まで寝ていた子がおやつに呼ばれて眠ぼけ眼で起きてきたようにゆるゆる上がってきた。

で、今、フーはヒレの赤さもすっかり取り戻して、普通に泳いでる。

やっぱり酸欠だったか。
気温が上がってきてるから、エサやりと水替えは少し頻度を高くしてやろう。

いつもは、フーの後ろから近づいてちょっかいを出すマーが、安心した様子で近くを泳いでる。

100601647.jpg


www.largo99.com
2-4-2 Shinjyuku, Shinjyuku-ku Tokyo Japan 160-0022 TEL:03-3352-3134 FAX:03-3352-3136