2011/6/23 木曜日

from Kato Sisters/ 伊豆・城ヶ崎 岩トレ & ユニコーン

Filed under: largo,trip — largo99 @ 15:45:10

「伊豆・城ヶ崎 岩トレ & ユニコーン」

土曜日。
初参加の3名を含め城ヶ崎海岸の壁に集まったのはS隊長以下11名。
経験に応じてクラス分けということで、初参加の人はロープ講習の後に壁の右側、経験者は左の海側のルートに分かれた。
最近もクライミングジムに行ったという3人は、暫く見ないうちに動きが違う。無駄のない美しい動き。なんだか、上手すぎて面白くないぞ~。

110604jgsk1.jpg

眠くてボーっとしている間にK店長も、油地獄なんて騒いでいたS隊長も登ってしまい、“経験者”チームで残ったのは私だけ。
このルートは登り始めが苦手。その登り始めで油地獄にはまり、いや眠くて重い身体を持ち上げられず敗退。
「あっち登れば~」ということで取り合えず右側のルートをクリア。

山側ルートを攻める初挑戦組もクライミングシューズに履き替えた途端スムーズに登り始めた。
Kちゃんが手足の長さを生かしてどんどん距離を稼ぐ一方、Nちゃんは危なげなく絶妙なバランスを取りながら小刻みなピッチで着実にゴール。お見事!

110604jgsk2.jpg 110604jgsk3.jpg

人によって体格によって、同じルートが随分違って見えるのが面白い。

先生が用意してくださったキノコたっぷりの味噌汁でランチを済ませた後、新たに合流したIさんも含め、今度はみんな海側のルートで練習再開!で、Kちゃんはやはり長いリーチで果敢に攻めて蜂の巣穴近くまでは到達。蜂さえいなければ確実にゴールできた筈が無念のリタイア、残念!Nちゃん、Iさんもあともう少しの感じで今日の練習は終わりとし、明日のリベンジを期すこととなった。

110604jgsk4.jpg

私はというと、お昼を取りに行ったら準備中のきのこ汁の鍋を倒し、慌てて鍋とストーブを素手でつかんで指を火傷してしまった。皮膚は丈夫な方だけど、クライミングはちょっと無理。まだ昼前なのに終了。
岩にもたれて「あ~、何やってるんだ」と思ったけど、晴れてるし風は吹いてるし気持ちいい。そういえばアウトドアで遊ぶのは超久しぶり。爆睡して目覚めると、かなり風が吹いていた。気がつくとみんな一通り登ったのか撤収モード。まだ2時台ですが。

宿についたのが早過ぎて元気な女将に叱られ(5時過ぎ到着予定と言ってたんじゃねエ)、とりあえず皆で買出し&お散歩をしてから部屋で乾杯。

110604jgsk5.jpg 110604jgsk6.jpg 110604jgsk7.jpg

今回の宿は新鮮な刺身、名物イカ(のワタ)焼き、かさごの煮付けに酢の物、オプションでサザエの壺焼き、小さいけど掛け流しの温泉(とおしゃべりな女将)が売り。金目の蒸し煮と里芋団子、「七ツ峰」(静岡のお酒)も美味しかった。クライミングより、これに釣られた私。

9時過ぎ「ユニコーン」に移動。
この日はベリーダンスの会が終了したところで、いつにも増して怪しい雰囲気。
今晩デビューのKちゃん、Nちゃん、圧倒的に可愛い。普通に可愛くして貰ってずるい、という声もあったけど、そこはやっぱり二人の実力でしょう。でも今回のヒットは伊東から初参加のS男さん。ココナッツのブラが可愛くて、常連の男性陣が年々妖怪度を増していく(失礼!)中とても新鮮だった。是非写真を載せて欲しいけど、面が割れたらご近所歩けない?

110604jgsk8.jpg 110604jgsk9.jpg

日曜日
今年は天気がもちそうなので、二日目も岩トレ。
朝から温泉に浸かって、朝食。たっぷりのあら汁が美味い。
135号を城ヶ崎海岸に向かう。

110605jgsk1.jpg

はじめは昨日と同じ2本のルートにセットした。
皆が一通り登ったところで、私も再挑戦。登り始めがやっぱり苦手。手が滑ってすごく低い位置で宙吊りになった。格好悪!けどロープに体重を預ける感じ、嫌いじゃない。
気を取り直して最初をクリアすると途中は問題なく行ける。指に体重がかかると痛いけど最後の登りは右側の“蜂の岩”を避けて前回登れなかった左寄りから登った。

110605jgsk2.jpg

皆が一通りトライした後、先生が2つのルートの間にもう1本ルートを取った。上半分まで行けば手掛かりがありそうだけど、問題は最初の一歩。見るからにつるつるした岩壁のどこから上がればいいのか?
いきなりレベルがあがり、ちょっといくらなんでも無理では?

Tちゃんがルート左寄りのクラックに取り付いた。柔軟性を生かして登り始め、薄い岩で一休み、結局完登。なかなかやるじゃない。
これがおやじ心に火をつけたのかKさんいきなり直登ルートに。根性でつるつる岩に取り付き、正規ルートで完登!素晴らしい。
今度はM姐が右寄りルートからクライミング。あくまでも独自のルートで登りますか…。皆すごいなあ。

110605jgsk3.jpg 110605jgsk4.jpg

K店長もS隊長も毎年1つ登れば充分!という大人な判断(?!)から今日はサポート役に徹するそうで。撤収も近いので、私もクラックを登ってみた。なるべく指の腹は使わないようにして。
高いところは結構好き。なのでトップロープも好き(超久しぶりだけど)。初挑戦の人はもしかしたら始めに吊られてみると良いのかも。せっかくトップロープなのに、腕がパンパンで登れなくなっちゃうのは勿体ない。疲れたら宙吊りで休んで、落ちないんだから思い切って動けたら面白いのでは。(私は訳わからずに登った初めての頃の方がビレイされるの怖くなかったけど) 今回は、登れないし、火傷するし、どうしようかと思ったけど、取り合えずここもクリア。

110605jgsk5.jpg

梅雨の晴れ間に久しぶりの仲間と気持ちよく外遊びが出来て良かったです。

車組と分かれて伊豆高原駅で昼食を済ませた電車組には最後のおまけが待っていた。
のんびり普通列車で帰ろう!とホームに向かうと、見るからに立派な『黒船号』が入ってきた。ホントに追加料金なし?と思いつつ乗車すると、大きく海側に開いた窓に向かってパノラマシートが空いていた。すっかり気をよくした面々により何度目かの酒宴が始まり、それは熱海で乗り換えた東海道線車中にも引き継がれたのでした。

110605jgsk6.jpg

Naoko & Tomoko Kato


www.largo99.com
2-4-2 Shinjyuku, Shinjyuku-ku Tokyo Japan 160-0022 TEL:03-3352-3134 FAX:03-3352-3136