2012/2/23 木曜日

from M. Kimura/ 八甲田ツアーレポ

Filed under: FRIENDS,largo,SNOWBOARD,trip — largo99 @ 20:00:31

木村です。
ラルゴツアーへの参加は2月の天狗キャットに続き実は二回目ですが、1人での参加(前回は友人の粕川と)は初めてということと、キャットツアーと違いあまり経験のないハイクがあるということで荷造りしてるときからあれもこれもいるのかな?とか不安な気持ちが一杯でした。
ま、スノーボード自体も去年から始めたので滑走経験も少ないのですが。。

そこはラルゴで沢山購入したグッズ武装でなんとかなるかなと思い込み、とにかく八甲田に行きたくて1人でも参加したい!と思った訳なのです。
そんな期待と不安が入り交じった気持ちで集合場所の東京駅には集合時間40分前に到着して、地下にある長谷川酒店へ。挨拶代わりに美味しそうな日本酒一升を購入し参加者の方たちと合流。この時点ではそんなに会話はなく淡々と新幹線に乗り込みいざ青森へ。
車内では3人掛けの座席をくるりと180度回転してボックス席に。各自購入したビールでスタートしてゴールの青森駅では東京駅で購入した一升の日本酒は空瓶に。まぁ天狗での経験上予想はしてましたが改めてさすがだなと。

そしてチェックイン後先乗りしていたかおるさんも合流して初参加組はかあちゃん食堂へ。ここでも田酒を一升オーダー。なまこ、そして楽しみにしてたじゃっぱ汁をいただきます。とても美味しい!
そんこんなで25時過ぎだと思いますがホテルへ帰り就寝。布団も掛けず寝てしまってました。
翌朝目を覚ますと同部屋のキクウラさんはしっかり起きて準備していて凄さを改めて実感。ホテルの朝食も期待以上でした。あ、もちろん僕は二日酔いですよ。

そして八甲田スキースクール平井さんの運転するマイクロバスで八甲田へ出発。バスの中の記憶が無いのは言うまでもありません。
到着後準備してロープウェイで山頂へ。天気が良く樹氷がくっきり見えてテンションも上がっていきます。そして一本目スタートした時には二日酔いも無くなり快晴も相まって気持ち良くスタート!
雪は…深過ぎてなかなか板が進まない!笑。が、こんな雪もなかなか経験出来ないので最高でした。

最初に軽くトラバースした後オープンバーン。深すぎて転倒者続出。もちろん僕も転けました。ただノートラックで視界良好、さらにバフバフで最高のスタートをきれました。
早速ここからスノーシューへ履き替え前嶽を目指します。心配していたハイクですが登りがほとんど無く天気も良いしで全く苦じゃなくて早くもまた来たいって思ってしまいました。天気が良かったのでピークを目指したのですが雪庇が凄いとのことで途中からドロップ。ここもやはり深い。他のパーティーの外人たちもディーパーディーパー言ってました(笑)。
そして銅像ルートでバスの待機場所までツリーラン。一本目が終了し、スキースクールまで帰ります。

昼食は青森ではポプュラーな?カレーミルクラーメンを食べます。せっかくなので。ちなみに翌日は豚バラ定食を食べました笑
昼食後2本目スタート。午前中の快晴は嘘の様な視界不良。風は強いわ雪面は見えない、そして深いわで大自然の厳しさを満喫。。どこをどう降りたかは前の人をひたすら追いかけたので分かりませんが途中からツリーへ。この辺りから視界回復。途中マッシュから飛んだりと地形を楽しませていただきフォレストコースにて下まで降りていきます。
途中ここDVDで観たことあるなんて思いながらクルマの場所へ到着。そして酸ヶ湯へ。程なくして到着。

ここも今回の楽しみのひとつ。趣があり立派な佇まい。到着後荷物を置いて早速ヒバ千人風呂へ。とても濃い温泉。スタイル出てる!!。初めての感じ。素晴らしいです。
そして入浴後キクウラさんと売店で酒とつまみを購入。ローカルの今さんが酒を持ってくるからそれまでのつなぎだとビール500缶を6本と地酒一升…もはやつなぎの量ではありません。そして部屋へ戻り宴会開始。
今さんへ電話してみるともう酸ヶ湯へ着いているとのことで今さんの部屋へ荷物(日本酒6升、マグロたち)をピックアップしに。僕は酒屋にある赤いケースに入ったどれも美味しそうな日本酒を持っていく。そして宴会再スタート。

徐々に参加者全員揃っていく。今さんの持ってきてくれたマグロ、ホタテ、イカ、白子はどれも半端なく旨い。このツアーの素晴らしさを再確認。ローカルの今さんは滑りも飲みも全開な感じで格好良い。
(この時にようやく参加者の方たち皆さんといろいろ話せました。皆さんホントに良い人たちばかりでとても楽しい一夜になりました。)

途中夕食を挟み今さんは見事な回転レシーブを披露して夕食後は居なくなってましたが宴会再スタート。だいぶ人も減り、フワフワしてる人もチラホラ。なんやかんやで4升が空いたころには起きているのは3人だけでした。
相変わらず飲んでる態勢で寝てるキクウラさんには脱帽です。
撤収後もう一度入浴して就寝。
翌朝目が覚めると当たり前ですがまたも二日酔い。しかし、酒を抜く為にもしっかり朝食をいただきます。酸ヶ湯の朝食も旨い。
そして迎えに来てくれた平井さんのバスに乗り込み酸ヶ湯を後にします。

準備をして最終日スタートです。
天気は八甲田らしい?視界不良でした。ルートは長めの八甲田温泉ルートです。前日よりも視界が悪くラインが無いなかでのハイクだったので多少しんどかったですが登りも少なく、いい感じに酒も抜けました。八甲田のハイクは凄く気持ち良いです、ホント。

雪は相変わらず深いですが前日よりも板は走ります。楽しい、気持ち良い。ただ油断してると緩斜面のラッセルをちょっと外しただけで埋まってしまい体力を奪われてしまいます。松岡さんご迷惑おかけしました。途中凄い気持ちのいいオープンバーン。いいなぁ八甲田。そして最後のツリーラン。ラインが無いため先頭の方たちは大変だったと思います。ありがとうございました。

そして下まで滑り降りてスキースクールへ。楽しかった余韻もおかずに昼食を食べ、急いで荷造りして、温泉に入りとバタバタしたのち平井さんに青森駅まで送っていただきます。バスの中でも残ったビールを飲みながら上がったテンションをキープ。隣の綾本さんといろいろな話をしているうちに青森駅着。(長い板を買うことを決意)

平井さんホントにお世話になりました。
二人目のお子さんが無事に産まれることを祈ってます。

帰りの新幹線では残った酒をキレイに片付けて、東京駅に着いたときにはさらにビールとハイボールの缶が。。
最後まで滑ってないときは飲みまくりなツアーでした。でも滑りを疎かにしてるということは全くなく、ホントに皆さんスノーボードが好きなんだなというか、楽しんでるなというのを感じれて…ほんとステキだなぁと。

結論、来月も出来ることなら参加したいというくらい最高だったということです。
書き切れない面白いトピックスはたくさんあるのですが(ノリちゃん劇場、綾さんのお子ちゃまなくだり、千人風呂でマキ姉が小島さんの隣に普通に居たりとか)それは参加者の特権ということで。

とりあえず八甲田ツアーは間違いないです。どこを切り取っても楽しさこの上ないです。はい。

M. Kimura(文・写真とも *最後の写真はFK)


www.largo99.com
2-4-2 Shinjyuku, Shinjyuku-ku Tokyo Japan 160-0022 TEL:03-3352-3134 FAX:03-3352-3136